[PR] 株式情報
『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』
親父力(オヤヂカラ)、全開!


しんちゃん映画史上、最もアツイオヤジの戦い。全国のお父さん、そして家族が涙する!











臼井儀人原作漫画で人気テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版第22弾。


ある日、ぎっくり腰を治しにマッサージに出かけたひろし。そしたら・・・なんと、ロボットになって帰ってきた。ロボットになったひろしに、戸惑うみさえと大喜びのしんのすけ。しかし、それは日本の父親たちの復権をたくらむ「父ゆれ同盟」の陰謀だった。父親たちが暴動を開始し、野原家も春日部も崩壊寸前の危機に陥った時、“ロボとーちゃん”がしんのすけと一緒に立ち上がる・・・



マッサージに行ったら、とーちゃんがロボットに。その姿に隠された巨大な陰謀。それは、昭和とは違い父親の威厳が失われてしまった現代で、父親達の威厳を取り戻そうとする父親革命だ。ストーリーは、妻や子供にしいたげられた父親たちへの応援歌的内容だ。“父ゆれ同盟”とは、「父よ、勇気で立ち上がれ同盟」という意味で、不甲斐ないオヤジを昭和な亭主関白のオヤジへと目覚めさせる。親子、家族のストーリーなだけに、風間くんたち「かすかべ防衛隊」の活躍はないが、クレヨンしんちゃんらしいオバカなネタや、家族の絆はしっかり描かれている。泣けるクレしん映画の代表作「アッパレ!戦国大合戦」「オトナ帝国の逆襲」にも負けない絆の物語は、オヤジたちは涙を流してしまう。特にラストのケジメは号泣モノだ。家族というものを再確認できる秀作映画である。


評価:大変よくできました

監督:高橋渉
原作:臼井儀人「クレヨンしんちゃん」
出演:矢島晶子、藤原啓治、ならはしみき、こおろぎさとみ、真柴摩利、林玉緒、一龍斎貞友、佐藤智恵、立木文彦、武井咲、コロッケ、立木文彦、遊佐浩二、一木美名子、大和田伸也・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん】
http://www.shinchan-movie.com/

評価・紹介No.:2014-069
スポンサーサイト
【2014/04/28 03:28】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する