[PR] 株式情報
『キカイダー REBOOT』
か?か?

この「機械(ココロ)」が壊れても、
君を守る――












「仮面ライダー」「イナズマン」等の漫画の原作者・石ノ森章太郎の原作漫画で、1972年に特撮ヒーローとしてテレビシリーズ化された「人造人間キカイダー」のリブート。


日本政府は、ロボットの平和利用により国民に幸せをもたらそうという「ARKプロジェクト」を進めていた。ロボットに“心”=「良心回路」を持たせようとした光明寺博士と、それを否定するギルバート・神崎が激しく対立する。そんな時、光明寺博士が非業の事故死を遂げ、プロジェクトは神崎と国防大臣・椿谷に引き継がれる。そんなある日、光明寺博士の娘・ミツコと息子・マサルが謎の特殊部隊に襲われる。二人の前に謎の青年が現れミツコたちを助けるのだった・・・



仮面ライダーに並ぶ、巨匠・石ノ森章太郎の変身ヒーロー・キカイダー。伝説のヒーローを平成の現代に再起動させた特撮アクション。介護、災害支援、危険区域作業のためのロボットを平和利用と昨今のアジア情勢を睨んだ国防。「ARKプロジェクト」の表と裏は非常に興味深い。そして人間の“心”と同じ「良心回路」を組み込まれたロボット・ジロー。善と悪、完全と不完全に戸惑い悩むロボットの心の描写もおもしろく、特撮アクショというよりヒューマンドラっぽい。ただ、良心回路のせいでの(心の)葛藤があるとはいえ、弱すぎるキカイダーの姿には違和感を感じてしまう。ジローとキカイダーの棲み分けはしてほしかった。続編があるかどうかはわからないが、次作ではバイクアクションも見せてほしいところだ・・・



評価:よくできました

監督:下山天
原作:石ノ森章太郎「人造人間キカイダー」
出演:入江甚儀、佐津川愛美、高橋メアリージュン、原田龍二、中村育二、伴大介、山中聡、長嶋一茂、池田優斗、本田博太郎、石橋蓮司、鶴見辰吾・・・他
製作国:日本
配給:東映

【キカイダー REBOOT】
http://www.kikaider.jp/

評価・紹介No.:2014-091
スポンサーサイト
【2014/06/01 03:16】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する