[PR] 株式情報
『ニード・フォー・スピード』
法もルールも無い“裏レース”を舞台に
チューンアップされた夢のマシンが激走!



超高額スーパーカーによる
禁断のストリート・レース開幕











1994年の発売以来、全世界で大人気のレーシングカー・ゲーム「ニード・フォー・スピード」の実写映画化。


父親が遺した自動車修理工場を営むトビーは、多額の負債で経営は火の車。週末に非合法のストリート・レースで賞金を稼ぎ借金返済をしていた。そのなある日、ライバルのディーノの誘いに乗ったレースで親友を失い無実の罪で投獄されてしまう。仮釈放で刑務所を出たトビーは、全米最大のストリート・レース「デレオン」に参加し、ディーノへの復讐と自身の無実を証明するためサンフランシスコへ向かうのだった・・・



大人気レーシングカー・ゲーム「ニード・フォー・スピード」。超高額なスーパーカーで公道を超高速でレースする。ストーリーはいたって単純、親友を死に追いやり、無実の罪に陥れたかつてのパートナーを、全米最大のストリート・レース「デレオン」で復讐するというものだ。とにかく見どころは、シェルビー・マスタング、ランボルギーニ・エレメント、ケーニクセグ・アゲーラR、グラン・トリノ1969といった超高額スーパーカーや名車が公道を超高速でバトルするカーアクションだ。それもCGではないリアルなカーアクションに手に汗握る。スーパーカーはレプリカらしいが、素人目にはホンモノにしか見えずクラッシュシーンには思わず「うわっ、もったいない!」と悲鳴をあげそうになる。途中のノンストップ給油やヘリでの宙吊り等あり、笑えるシーンがあるのは愛嬌だ。クライマックスの「デレオン」レースでは、モンスタースーパーカーのデットヒートに加え、レースを阻止しようとする警察との攻防もあり勝利の行方に目が離せなくなる。車好きにはたまらない映像満載だ。無謀すぎるドライビングばかりなので、映画を観終えた帰り道は安全運転で帰ってほしい!



評価:よくできました

原題:Need for Speed
監督:スコット・ワウ
原案:ジョージ・ゲイティンズ、ジョン・ゲイティンズ
出演:アーロン・ポール、ドミニク・クーパー、イモージェン・プーツ、ラモン・ロドリゲス、マイケル・キートン、スコット・メスカディ、ラミ・マレック、ハリソン・ギルバートソン、ダコタ・ジョンソン・・・他
製作国:アメリカ
配給:ディズニー

【ニード・フォー・スピード】
http://disney-studio.jp/movies/nfs/

評価・紹介No.:2014-103
スポンサーサイト
【2014/06/13 03:07】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する