[PR] 株式情報
『トランセンデンス』
もし、コンピュータに
科学者の頭脳を
インストールしたら――



進化するのは、
人類だけなのか











人工知能と化した天才科学者により、人類や世界が混乱していく様を描いたSFサスペンス。


人類の未来のため、人工知能PINN(ピン)の開発研究に没頭する科学者ウィルは、反テクノロジーを唱える過激派テロ組織の凶弾に倒れてしまう。妻エヴリンは、死の間際にいる彼の頭脳と意識をPINNへアップロードする。それは、自我を持った超頭脳の誕生であった。やがて彼は、ネットに繋がることで、地球上のあらゆる知識を手に入れ、予想もしない進化を始めるのだった・・・



天才科学者の頭脳をスーパーコンピューターに移植する。アニメファンなら銀河鉄道999のトチローとアルカディア号のエピソードを思い浮かべてしまうところだ。トチローは人類の未来のためにコンピュータ化になったが、こちらは、夫を救う手段としてコンピューターへ移植され、移植した妻のために進化していくという妻と夫の愛の物語だ。ただ、スーパーコンピューターとなった夫の進化と愛が暴走し、人類にとっての脅威となっていくのだから困ってしまう。愛の物語は理解もできるのだが、科学をトランセンデンス(超越)した魔法のような描写、反テクノロジーを唱えるテロ組織の思想等々、矛盾やおかしい描写が多く思わずツッコんでしまいたくなる。荒廃した町が夫を生かすための施設作りで活性化したり病人が再生されてていくあたりはおもしろいのだが、淡々と進んでしまうストーリーは少し眠たさを覚えた・・・



評価:よくできました

原題:Transcendence
監督:ウォーリー・フィスター
出演:ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、ポール・ベタニー、レベッカ・ホール、キリアン・マーフィ、ケイト・マーラ、コール・ハウザー、クリフトン・コリンズ・Jr、コリー・ハードリクト、フォーク・ヘンチェル、ジョシュ・スチュワート、ルース・レインズ、フェルナンド・チェン、ザンダー・バークレイ、ルーカス・ハース、ウォレス・ランガム・・・他
製作国:アメリカ
配給:ポニーキャニオン、松竹

【トランセンデンス】
http://transcendence.jp/

評価・紹介No.:2014-119
スポンサーサイト
【2014/07/03 03:41】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する