[PR] 株式情報
『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』
この義体(カラダ)が求める愛──


硝煙と謀略渦巻く中、“攻殻機動隊”全てのメンバーが集結する──。SFサスペンスアクションの第3部、加速──!










「攻殻機動隊」新シリーズの「攻殻機動隊ARISE」全4部作の第3話。


恋人の義体技師ホセと休暇を過ごす草薙素子のところに、仲間となったバトーから爆弾テロの知らせが届く。現場に急行し制圧した草薙らは、テロリスト主犯の胸にカルディス人独立戦争の英雄スクラサスのシンボルマークのシンボルマークが刻まれているのを発見する。同じ頃、山の手のダムでは爆発事故が発生し、残された手がかりをもとに捜査を進めていた新浜県警の刑事トグサは、クザン共和国水企業の代表者サイードにたどり着く・・・



草薙が少佐と呼ばれる前夜の物語である「攻殻機動隊ARISE」シリーズ。全4部作で構成された新シリーズの第3話。バトーたちも草薙素子の仲間となり、残るはトグサのみとなった公安9課。攻殻機動隊、トグサも加わったすべてのメンバーが集結する前日譚だ。義体の手足を使った爆弾テロとテロリストのつけていたシンボルマーク。そして草薙素子の過去と恋人の正体を描く。約50分という短い上映時間の中に詰め込み過ぎのような気はするが、攻殻機動隊らしく仕上げている。義体はモノか人間かという問い、草薙素子の男遍歴などは、なかなか新鮮でよかった。さて、トグサも加わり集結した攻殻機動隊メンバーの活躍とラストに現れた少女の正体、完結の第4話はどうなるのか期待が高まる。



評価:よくできました

監督:黄瀬和哉
原作:士郎正宗「攻殻機動隊」
出演:坂本真綾、塾一久、松田健一郎、鈴木達央、久川綾、茅野愛衣、新垣樽助、咲野俊介、中國卓郎、上田燿司、中井和哉、沢城みゆき・・・他
製作国:日本
配給:東宝映像事業部

【攻殻機動隊ARISE】
http://www.kokaku-a.jp/

評価・紹介No.:2014-121
スポンサーサイト
【2014/07/08 03:58】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する