[PR] 株式情報
『奴隷区 僕と23人の奴隷』
勝負に負ければ、奴隷。










小説・コミックを中心とした投稿コミュニティ「E★エブリスタ」で1660万閲覧され、コミック・小説の累計が150万部を突破した岡田伸一原作のスマホ小説「奴隷区 僕と23人の奴隷」の映画化。


何の刺激もない退屈な毎日を送っていた荒川エイアは、数年ぶりに弟の大田ユウガと再会する。ユウガは人を奴隷にできる怪しい器具“SCM”をエイアに差し出し、奴隷となった人たちを救い出すために力を貸してほしいと言うのだった。エイアはユウガとタッグを組んで壮絶なサバイバルゲームに足を踏み入れるのだった・・・



SCMという歯の裏に装着する怪しい器具。SCMを付けた者同士が自由な方法で勝負をし、勝てば「主人」、負ければ「奴隷」になるというサバイバルゲーム。ワケアリで離れ離れとなっていた姉弟がタッグを組み、ホスト、アニメオタク、SMの女王様、高校教師、小学生等々と奴隷解放のためにゲームをする。快楽や復讐と欲望渦巻くバトルロイヤルというアイデアは面白いが、ストーリーが単純すぎで登場キャラクターに個性もなく面白味に欠ける。SCMゲームも最初こそルールがあるが、クライマックスではルール無視となり本末転倒すぎる。僕と23人というのはキャラクターの名前を見れば意味が分かるのだが、24人も必要だったかは疑問が残る。バイオレンスと頭脳戦を屈指した内容だったらもう少し楽しめると思うのだが・・・



評価:がんばろう

監督:佐藤佐吉
原作:岡田伸一「奴隷区 僕と23人の奴隷」
出演:秋元才加、本郷奏多、大沢ひかる、山田裕貴、久保田悠来、杏さゆり、折井あゆみ、イ・テガン、麻亜里、黒石高大、斉藤悠、槙尾ユウスケ、岩崎う大、天乃舞衣子、川嵜祐樹、畔柳亮平、MASAMI (be quixxt!)、板垣李光人、心美響、緒形幹太、斎藤洋介、鳥居みゆき・・・他
製作国:日本
配給:ティ・ジョイ

【奴隷区 僕と23人の奴隷】
http://doreiku-movie.com/

評価・紹介No.:2014-122
スポンサーサイト
【2014/07/09 03:07】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する