[PR] 株式情報
『ダイバージェント』
たった一度の 性格診断で 未来は決まる


異端者(ダイバージェント)よ、
今こそ覚醒せよ











ベロニカ・ロスの原作小説「ダイバージェント 異端者」の実写映画化。5つの共同体に構成された近未来を舞台に、どれにも該当しない異端者と判断された少女の待ち受ける過酷な運命を描いたSFアクション。


最終戦争から100年後の近未来、人類は5つの共同体に振り分け、その中で生涯を過ごす事を義務付けられた。16歳になった“無欲”出身のベアトリスは、“選択の儀式”と呼ばれる性格診断テストを受けるが、結果はどれにも適さない異端者と診断されてしまう。異端者は政府によって抹殺されることを知った彼女は判定を偽り、“勇敢”へ加入するのだった。トリスと改名した彼女は、過酷な戦闘訓練に身を投じていくのだったが・・・



“勇敢”(=勇気ある者)、“高潔”(=正直者)、“平和”(=優しい物)、“無欲”(=思いやる者)、“博学”(論理的な者)という5つの共同体に振り分け平和を維持している近未来。16歳になると“選択の儀式”と呼ばれる性格診断テストと自分の意志でどれかの共同体へと属す。そして、なんらかの理由で離脱した者は“無派閥”として“無欲”からの施しで生きながらえているホームレスとなる。しかし、5つの共同体のどれにも当てはまらない者は、異端者(ダイバージェント)として政府から抹殺される。そんな異端者の少女が偽って“勇敢”に加入し政府から身を隠しながら訓練を受けるが、ある共同体の陰謀に巻き込まれるが、その陰謀から守るというストーリーだ。家族よりも派閥、派閥に属さない異端者は制御できない恐怖ということなのだが、設定やストーリーが破綻しており面白味も何もない。また、ストーリーの半分以上が“勇敢”での訓練模様で、最終戦争後の未来の生活、5つの共同体の相関や政権奪取の企みなどが見えてこない。そもそも異端者が人類を滅ぼす危険分子というのに無理がある。危険分子の中の異端者(=世界を守る)だったほうが面白かったと思うのだが・・・



評価:がんばろう

原題:Divergent
監督:ニール・バーガー
原作:ベロニカ・ロス「ダイバージェント 異端者」
出演:シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、アシュレイ・ジャッド、ジェイ・コートニー、レイ・スティーヴンソン、ゾーイ・クラヴィッツ、マイルズ・テラー、トニー・ゴールドウィン、アンセル・エルゴート、マギー・Q、メキー・ファイファー、ケイト・ウィンスレット・・・他
製作国:アメリカ
配給:KADOKAWA

【ダイバージェント】
http://www.divergent.jp/

評価・紹介No.:2014-126
スポンサーサイト
【2014/07/14 03:47】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する