[PR] 株式情報
『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』
音楽史上、
最も不道徳な
男が奏でる、
最も美しい旋律



ショパン、リストシューベルトが心酔した、天災異端児の生涯に秘められた真実とは──









19世紀に活躍したイタリアの異端の天才ヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニの破天荒な生涯を描いた音楽伝記ドラマ。


1830年のイタリア。不遇の天才ヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニは、突如現れた謎の男ウルバーニのマネジメントにより一躍富と名声を手に入れる。彼の噂を聞きつけたイギリスの指揮者ワトソンは、パガニーニをロンドンへ招く。パガニーニは、歌手を目指すワトソンの娘シャーロットと出会い、その歌声に思いがけず心打たれ音楽を通して心をかよわせるのだった・・・



19世紀に活躍した“悪魔のヴァイオリニスト”と呼ばれた伝説の天才ヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニ。才能を持ちながらも不遇の日々を送り、女と酒とギャンブルに堕ちる日々。そんなパガニーニの前に現れた謎の男ウルバーニと、コンサート開催に招待され渡英した先で出会った歌手を目指すシャーロットの二人の人物との出会いと、パガニーニの波瀾万丈な半生を描く。とにかく、女と酒とギャンブルとクスリに溺れ、自由奔放なのか変人なのかわからぬパガニーニは狂気だ。そんな狂気な男のマネジメントしたウルバーニは悪魔だ。そんな二人の関係を壊す存在となったシャーロット。この三角関係を描いているが、ロンドンでの数日間だけにしかスポットを当てておらず、ストーリーとしては深みがなくやや退屈に思える。21世紀の“パガニーニ”と称されるデイヴィッド・ギャレットが5億円の名器ストラディヴァリウスで奏でる超絶技巧の演奏は素晴らしかったが、パガニーニがダメンズにしか見えなかったのは残念だった。



評価:がんばろう

原題:Paganini: The Devil's Violinist
監督:バーナード・ローズ
出演:デヴィッド・ギャレット、ジャレッド・ハリス、アンドレア・デック、ジョエリー・リチャードソン、クリスチャン・マッケイ、ヴェロニカ・フェレ、ヘルムート・バーガー、オリヴィア・ダボ・・・他
製作国:ドイツ
配給:アルバトロス・フィルム

【パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト】
http://paganini-movie.com/

評価・紹介No.:2014-128
スポンサーサイト
【2014/07/16 03:14】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する