[PR] 株式情報
『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』
攻殻機動隊、起動──


全ての電脳が侵される時、そのゴーストは目覚める──。
SFサイバーアクション、完結の第4部!











「攻殻機動隊」新シリーズの「攻殻機動隊ARISE」全4部作の最終話。


戦後復興の兆候が見え始めた2028年冬のニューポートシティ。国外カルテルの利権に関するデモが活発化する中、警備機動隊による無差別発砲事件が発生する。電脳ウィルス“ファイア・スターター”による事件に、草薙素子率いる独立攻性部隊は事態の制圧を図るが、事件の裏にはふたつのゴーストが潜んでいた・・・



全4部作で構成された「攻殻機動隊」新シリーズの「攻殻機動隊ARISE」。少佐こと草薙素子率いる独立攻性部隊がやっと全員揃っての最終話だ。無差別発砲事件に絡む“ファイア・スターター”という電脳ウィルス。その事件の裏に潜む、“ブリキの少女”エマと“カカシの男”ブリンダジュニアというふたつのゴースト。陰謀渦巻く中、その真相に迫る草薙素子の姿を描いているが、このシリーズ、攻殻機動隊のコアなファンなら理解できるのかもしれないが、凡人にはどうも難解すぎてストーリーがよくわからない。ド派手なアクションでもあればスカッとしたのだろうが、どうも消化不良でモヤモヤが残る。OVAシリーズは完結したが、来年2015年には新劇場版の公開が決まったようだ。どんな内容なのかは不明だが、ファンにとっては公開が待ち遠しいだろう。



評価:がんばろう

総監督:黄瀬和哉
監督:工藤進
原作:士郎正宗「攻殻機動隊」
出演:坂本真綾、塾一久、松田健一郎、新垣樽助、咲野俊介、中國卓郎、上田燿司、中井和哉、茅野愛衣、小野賢章・・・他
製作国:日本
配給:東宝映像事業部

【攻殻機動隊ARISE】
http://www.kokaku-a.jp/

評価・紹介No.:2014-163
スポンサーサイト
【2014/09/13 03:56】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する