[PR] 株式情報
『柘榴坂の仇討』
ひたむきに生きる。


「仇討ヲ禁ズ」――
その日、運命が動いた











浅田次郎の短編集「五郎治殿御始末」に所収されている一編「柘榴坂の仇討」を映画化した時代劇。


彦根藩士・志村金吾は、家中随一の剣術の腕を認められ、時の大老・井伊直弼の近習役として仕えていた。しかし、登城途中の桜田門外で井伊が暗殺され、切腹も許されず、仇討ちを命じられる。時が明治へと移り変わり13年が過ぎても仇を捜し続ける金吾は、最後の仇を捜し出すのだが・・・



幕末の安政7年の時の大老・井伊直弼が殺害された桜田門外の変。井伊直弼の警護役を務めながらも、刺客の一人を追いその持ち場を離れたために主君の命を守りきることができず、切腹も許されず仇を捜す。失態により両親が自害し、江戸から明治となり藩がなくなっても侍として13年回追い続ける。井伊暗殺の生き残りの男は、名を変えひっそりと暮らす。公開中の「るろうに剣心」と同時代とはいえ、それとは真逆の静かな物語だ。侍の心を捨てぬ男、献身的に夫を支える妻、ひっそりと身を隠す男、その男と同じ長屋に住む母娘とのふれあい。派手さはないが、激動の時代をひたむきに生きた男と、それを支えた女の人間模様がじわりと心にしみる。日本人が忘れている侍の心を描いた作品であった。



評価:よくできました

監督:若松節朗
原作:浅田次郎「五郎治殿御始末」
出演:中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、藤竜也、中村吉右衛門・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【柘榴坂の仇討】
http://zakurozaka.com/

評価・紹介No.:2014-169
スポンサーサイト
【2014/09/27 03:52】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する