[PR] 株式情報
『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
生まれる
時代と場所を
間違えた。











西部開拓時代のアリゾナを舞台に、オタクの羊飼いとムダにイイ女とめっちゃ極悪人によるルール無用の西部劇コメディ。


1882年、西部開拓時代のアリゾナ。オタクな羊飼いのアルバートは、野蛮で危険な西部の町を心底嫌っていた。銃すら撃ったことのない彼に、ガールフレンドのルイーズは愛想をつかし、アルバートはフラれてしまう。そんなある日、酒場の乱闘騒ぎに巻き込まれたアルバートは、ひょんなことからミステリアスな美女アナと出会い恋に落ちるのだった。同じころ西部一の大悪党クリンチが町に現れ・・・



西部の町が嫌いで友人に愚痴ってばかりいる銃も撃ったことがない羊飼いが主人公。謎の美女、嫌味な金持ちと、寝返ったちょっと性格の悪い元カノ、そして名の知れた指名手配の超極悪人が、無法者と低モラルな民衆がいる西部の町でハチャメチャなドラマを繰り広げる。「テッド」のセス・マクファーレン監督らしい、オバカで、下品で、汚く、ちょっとファンタジックな西部劇コメディだ。西部劇といっても、ウェスタンスタイルだけで、マクファーレン監督にとってはどの時代でもよかったのではないだろうか。オバカや下品ネタに笑ってしまうが、下品さに免疫がない方はドン引きしてしまうかも。戦うお父さんことリーアム・ニーソンがあんなことになってしまったのは、ちょっと驚きだ。本編ストーリーより、カメオ出演者の豪華さに驚かされた。好き嫌いが分かれてしまう万人受けしない内容だが、それがセス・マクファーレン監督らしさかもしれない・・・



評価:よくできました

原題:A Million Ways to Die in the West
監督:セス・マクファーレン
出演:セス・マクファーレン、シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、ジョヴァンニ・リビシ、ニール・パトリック・ハリス、サラ・シルヴァーマン、リーアム・ニーソン、クリストファー・ヘイゲン、ウェス・ステューディ、マット・クラーク、エヴァン・ジョーンズ、アーロン・マクファーソン、レックス・リン、ブレット・リッカビー、アレックス・ボースタイン、ラルフ・ガーマン、ジョン・アイルウォード、ジェイ・パターソン、デニス・ハスキンズ、クリストファー・ロイド、ギルバート・ゴットフリード、ユアン・マクレガー、ジョン・マイケル・ヒギンズ、ジェイミー・フォックス、ビル・マー、ライアン・レイノルズ、パトリック・スチュワート・・・他
製作国:アメリカ
配給:シンカ、パルコ

【荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~】
http://kouya-tsuraiyo.jp/

評価・紹介No.:2014-180
スポンサーサイト
【2014/10/16 03:01】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する