[PR] 株式情報
『ザ・テノール 真実の物語』
命か、
それとも歌か。



ガンで声を失った天才オペラ歌手、奇跡の実話。








甲状腺ガンの影響で一度は歌声を失った韓国人オペラ歌手ベー・チェチョルの奇跡の実話を基にしたドラマ。


ヨーロッパで活躍するオペラ歌手ベー・チェチョルは、舞台ではスポットライトを浴び、家では愛する妻のユニと一人息子に囲まれた幸福な日々を過ごしていた。日本でのオペラ公演も大成功し、頂点を極めようとしていたとき、彼は甲状腺ガンを患い手術でなんとか命をとりとめたものの声帯と横隔膜の神経を切断し素晴らしい歌唱力を失ってしまう。絶望の淵に追いやられたチェチョルだったが、彼の声に魅了された日本人プロデューサー沢田は、彼の復活を願い声帯を回復させられるかもしれない一人の日本人医師を見つけ出す・・・



「100年に一人の声を持つテノール」と絶賛されヨーロッパの歌劇場を中心にその歌声を響かせていた韓国人テノール歌手べー・チェチョル。ガンで声を失った天才オペラ歌手が手術をし再び舞台に立つまでと、彼の復活を信じ支えた日本人音楽プロデューサーとの友情と絆を描いた実話ドラマだ。一度は二度と歌うことがないと思い劇場との契約も切られどん底にまで落ちたチェチョルだが、友人でもあり彼のプロデューサーでもある沢田が見つけ出した世界的な声の権威である一色教授により甲状軟骨形成手術を受け再び舞台に立つまでを描く。チェチョルの奇跡の復活劇ではあるが、チェチョルと沢田の国境を越えた不屈の友情が胸を打つ。ラストでチェチョルが再び舞台に立ち歌う姿を見ると涙が流れる。一つ文句をつけると、壮絶で絶望から這い上がるリハビリシーンが軽く扱われていたのは残念だった。固い友情と諦めない気持ち、そして心の歌に感動をした。



評価:よくできました

監督:キム・サンマン
出演:ユ・ジテ、伊勢谷友介、チャ・イェリョン、北乃きい、ナターシャ・タプスコビッチ、ティツィアーナ・ドゥカーティ・・・他
製作国:日本、韓国
配給:「ザ・テノール 真実の物語」プロジェクト

【ザ・テノール 真実の物語】
http://the-tenor.com/

評価・紹介No.:2014-187
スポンサーサイト
【2014/10/23 03:50】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する