[PR] 株式情報
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』
世界を動かした、一世一代の<大芝居>。


人気絶頂でハリウッドを去り
モナコ公妃となった
伝説の女優グレース・ケリー、
公国最大の危機に挑む。









ハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリーの激動の半生を描いたドラマ。


1956年、人気絶頂の中、ハリウッド女優を引退しモナコ大公レーニエ3世と結婚したグレース・ケリー。ヒッチコック監督からの新作オファーに心が揺れていた。そんな時、フランスのド・ゴール大統領がモナコに過酷な課税を強要され、モナコが国家存亡の危機に直面してしまう。武力衝突に発展する可能性のある一触即発の緊張状態の中、グレースはこの危機を救うため一世一代の大芝居に出るのだった・・・



「喝采」でアカデミー主演女優賞を受賞し、人気の絶頂でハリウッド・スターの座を捨て、モナコ公妃となったグレース・ケリー。モナコ宮殿のしきたりに馴染めず、孤立感を募らせる息苦しい毎日を送り、ハリウッド時代の知己だったヒッチコックの新作映画のオファーに心揺れているときに起こったモナコ公国存亡の危機。フランスの圧力から公国の危機を救うために打って出た一世一代の大芝居。史実を基に脚色をしたグレース・ケリーの半生を描いている。身内に敵がいる中、彼女を取り巻くフィクサーたちにより外交儀礼の特訓を受けて、完璧な公妃の“役作り”に励み、各国の指導者を招いたパーティという“舞台”で、完璧な“公妃”を演じきる。ドラマとしてはやや平凡ではあるが、グレース・ケリーを演じたニコール・キッドマンの凛とした姿がすばらしい。苦悩や葛藤をしながらも、女優を捨て、フランスの圧力に屈しず、小国モナコを助けた公妃の舞踏会の演説は心に響いた。


評価:よくできました

原題:Grace of Monaco
監督:オリビエ・ダアン
出演:ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ベガ、パーカー・ポージー、マイロ・ヴィンティミリア、デレク・ジャコビ、ロバート・リンゼイ、ジェラルディン・ソマーヴィル、ニコラス・ファレル、アンドレ・ペンヴルン、ロジャー・アシュトン=グリフィス、イヴ・ジャック、オリヴィエ・ラブルダン、ジャン・デル、フローラ・ニコルソン、ジャンヌ・バリバール・・・他
製作国:フランス
配給:ギャガ

【グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札】
http://grace-of-monaco.gaga.ne.jp/

評価・紹介No.:2014-189
スポンサーサイト
【2014/10/25 03:57】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する