[PR] 株式情報
『イコライザー』
19秒で
夜の不正を
完全末梢する。










昼と夜の二つの顔を持つ元CIA工作員が、極悪非道なロシアン・マフィアに戦いを挑んでいく様を描いたクライム・アクション。


ホームセンターで真面目に働くマッコールは、ある夜、馴染みのカフェで娼婦の少女テリーと出会う。彼女がロシアン・マフィアから残酷な扱いを受けていることを知り、彼はもう一つの「仕事」を遂行する。単身で敵のアジトに乗り込み、悪党を退治する。危機感を抱いたロシアン・マフィアは、マッコールの始末をするため最強の殺し屋を送り込む・・・



1984年から1989年にアメリカで放送されたテレビドラマ「ザ・シークレット・ハンター」の映画化。昼は真面目なホームセンターの従業員でありながら、夜は警察が介入できない悪意、暴力に苦しむ人々を救う仕事請負人という二つの顔を持つ元CIA工作員だった男マッコール。深夜のカフェで読書をするのが趣味な彼が出会った娼婦をするロシア少女。彼女が組織から痛められつけられ組織を成敗する。その組織のボスがマッコール抹殺に刺客を送り対決をする。身の周りのものを武器に変え戦うマッコールが昼間の勤務先であるホームセンターで、ドリル等の売り物で戦うのはおもしろい。ただ、マッコールの戦いはやや残酷で痛さが伝わってくるので、グロいのが嫌いな方は目を瞑ってしまうかも。あまりも完璧な強さで面白味がないのが少々気になるが、サスペンスものとして飽きずに観れるように演出されている。シリーズ化もできる終わり方だが、はたして続編はあるのか・・・?


評価:よくできました

原題:The Equalizer
監督:アントワン・フークア・ラトナー
出演:デンゼル・ワシントン、マートン・ソーカス、クロエ・グレース・モレッツ、デヴィッド・ハーバー、ビル・プルマン、メリッサ・レオ・・・他
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

【イコライザー】
http://www.equalizer.jp/

評価・紹介No.:2014-193
スポンサーサイト
【2014/10/30 03:04】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する