[PR] 株式情報
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』
南フランスの名門レストランvs.インド料理店 ―その“戦い”は、奇跡のはじまり…


そのスパイスは、あなたの人生を“美味しく”変える。









リチャード・C・モライスの小説「マダム・マロリーと魔法のスパイス」の映画化。南フランスを舞台に、ミシュラン1つ星の名店フレンチ・レストランの女主人とインド料理店を開いたインド人移民家族のバトルと2つのレストランに関わる人々に美味しい奇跡をもたらす様子を描いたハートウォーミング・ヒューマンドラマ。


インドのムンバイでレストランを営むカダム家は、暴動により店と母を失い、ヨーロッパに移住し南フランスにある小さな町にたどり着く。そこでインド・レストランが開業するが、真向かいにあるミシュランで1つ星も獲得している老舗フレンチ・レストランの女店主マダム・マロリーと道を隔てた、ありえない”戦い”が繰り広げられるのだった・・・



南フランスの小さな田舎町が舞台。ミシュランで1つ星も獲得している老舗フレンチ・レストランとインドからフランスへの移民一家の道を隔てた料理バトルが勃発する。格式か陽気でにぎやか、頑固なインドのオヤジと頑固なフランスのおばさんの仁義なき戦い。しかし、インド人天才青年料理人ハッサンが作りだす“奇跡の料理(魔法のスパイス)”が2つのレストランに拘る人々の心に、変化をもたらす。ハッサンもマダム・マロリーの店で修業をし、料理の腕を磨く。マダム・マロリーとハッサンの父のバトルはコミカルでなにか憎めない。そしてハッサンとマダムの店の副料理長マルグリットとのラブロマンスは心が優しくなっていく。爽やかで心地よいストーリーと美味しそうな料理は、心のスパイスとなる。見終えて心ぽかぽかとなる、そんな映画だった。


評価:大変よくできました

原題:The Hundred-Foot Journey
監督:ラッセ・ハルストレム
原作:リチャード・C・モライス「マダム・マロリーと魔法のスパイス」
出演:ヘレン・ミレン、オム・プリ、マニシュ・ダヤル、シャルロット・ルボン、ミシェル・ブラン、アミット・シャー、ディロン・ミトラ、アリア・パンディア、クレマン・シボニー、ヴァンサン・エルバズ、ローハン・チャンド・・・他
製作国:アメリカ
配給:ディズニー

【マダム・マロリーと魔法のスパイス】
http://disney-studio.jp/spice/

評価・紹介No.:2014-198
スポンサーサイト
【2014/11/06 03:34】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する