[PR] 株式情報
『トワイライト ささらさや』
“ささら”
そこは大切な人に
会える町



<奇跡の瞬間>ある秘密をもった夫婦と“ささら”町の人々に、奇跡の瞬間が訪れる──









加納朋子のファンタジーミステリー小説「ささら さや」の実写映画化。突然の事故で亡くなった夫が、他人の体を借りながら愛する妻子を助けようと奮闘する姿を描いたハートフル・ドラマ。


突然の交通事故で夫のユウタロウを失ったサヤは、ユウタロウの父親から逃げ「ささら」という町で暮らす。愛する妻と息子のユウスケのことが心配で成仏しきれないユウタロウは、人の体に乗り移りサヤの前に現れ手助けをすることに。いろいろな人の体を借りて現われるユウタロウと優しいささらの人々に支えられ、サヤは母親として少しずつ逞しさを身につけていくのだった・・・



突然の交通事故死で夫を亡くしたサヤ。そんな妻と息子が気がかりで成仏できず人の体に乗り移りサヤの前に現れるユウタロウ。誰にも乗り移れるわけではなくユウタロウの姿が見える人間に一度だけ乗り移れる。年寄り、子供、青年と乗り移り妻を手助けする光景は、オカルトではなくファンタジック。落語口調で、小さな夫婦喧嘩をしながらの会話はおもしろくほのぼのとする。ユウタロウやささらの人々とのふれあいで最長するサヤというのは定番的ストーリーなのだが、サヤの前に現れるユウタロウも父親との確執の裏に隠された真実により成長していく。サヤとユウタロウの成長とハッピーエンドなラストに心温かくなる。新垣結衣の若い母親ぶりや富司純子をはじめとしたユウタロウに乗り移られた姿はなかなかよかった。売れない落語家設定だったのは笑いが取れてほっこりとさせられた。


評価:よくできました

監督:深川栄洋
原作:加納朋子「ささら さや」
出演:新垣結衣、大泉洋、中村蒼、福島リラ、寺田心、つるの剛士、波乃久里子、藤田弓子、小松政夫、石橋凌、富司純子・・・他
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース

【トワイライト ささらさや】
http://wwws.warnerbros.co.jp/twilight-sasara/

評価・紹介No.:2014-205
スポンサーサイト
【2014/11/14 03:24】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する