[PR] 株式情報
『神さまの言うとおり』
ダルマさんが殺した。


ああ・・・神さま。
僕の退屈な日常を
返してください。











別冊少年マガジンに連載された金城宗幸原作・藤村緋二作画の人気漫画の実写映画化。不条理なゲームに巻き込まれた高校生たちが、生き残るためにゲームをクリアしていく様を描いた学園サバイバル。


退屈な日常にうんざりしていた高校生の高畑瞬は、教室に突然ダルマが現れ、命を賭けた授業の始まりを告げる。ダルマ、まねき猫、コケシ、シロクマ、マトリョーシカから次々と出される課題をクリアしなければ即、”死”の残酷きわまりないゲームが開始されるのだった・・・



突然教室に現れたダルマ。そして突然始まった「だるまさんが転んだ」。動いたら即死、そして時間内にクリアしないとおしまいのゲーム。しかし、1時限をクリアしても2時限、3時限・・・とお遊戯(課題)をクリアしないといけない。可愛いらしい姿のダルマ、まねき猫、コケシ、シロクマ、マトリョーシカが行う死のゲームは、体力、知力、想像力、そして運が必要で、ゆるゆるでユーモラスに見せているが、爆発、スプラッターありとかなりグロく残酷だ。誰が、何のために始めたのかわからず、唐突過ぎるのは理解に苦しむ。原作は第壱部、第弐部(連載中)となっているが、果たして続編を見据えたストーリーだったのか?不条理だけしか描かれず、何をしたかったがわからずフラストレーションだけが残ってしまう内容だったが、良くも悪くも三池ワールド全開な映画には違いない。


評価:がんばろう

監督:三池崇史
原作:金城宗幸、藤村緋二「神さまの言うとおり」
出演:福士蒼汰、山崎紘菜、染谷将太、優希美青、大森南朋、リリー・フランキー、神木隆之介、トミーズ雅、前田敦子、肥後克広(ダチョウ倶楽部)、上島竜兵(ダチョウ倶楽部)、寺門ジモン(ダチョウ倶楽部)、山崎努、水田わさび、小桜エツコ・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【神さまの言うとおり】
http://www.darumasanga.com/

評価・紹介No.:2014-209
スポンサーサイト
【2014/11/21 03:23】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する