[PR] 株式情報
『紙の月』
最も美しい
横領犯。












直木賞作家・角田光代原作のベストセラー小説の映画化。平凡な主婦が起こした巨額横領事件の顛末を描いたサスペンス・ドラマ。


「わかば銀行」の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花は、丁寧な仕事ぶりで上司や顧客から信頼されるようになる。何不自由のない生活を送る梨花だが、自分への関心が薄い夫との関係に空虚感が漂い始めていた。ある日、顧客である平林の家で一度顔を合わせた、孫の光太と再会し不倫関係に陥っていく。光太と過ごすうちに、梨花は顧客の預金に手をつけてしまい、次第にその行為はエスカレートしていくのだった・・・



原田知世主演でドラマ化された角田光代の原作小説の映画化だ。バブル崩壊直後の1994年が舞台。何不自由のない生活を送っていたはずの主婦が、若い男との不倫をきっかけに金銭感覚が麻痺していき巨額な横領事件を起こす。最初は1万円を借りすぐに返してたものが、額が増え、証書などを偽造し横領への暴走が始まり転落していく。ドラマとしては、“ありがち”な横領サスペンスだが、若い男との楽しい時間と金銭感覚が麻痺し泥沼にハマってしまい必死になる主婦の姿はやはり悲しい。梨花が何故したのかという部分については、少女時代の逸話が語られ「あぁ、やっぱりね」と思ってしまうが、夫が自分への関心が薄いとはいえ大学生の男に走ってしまった心理が描かれていないのであまりにも不自然に思えてしまう。また横領が発覚し追い詰められた彼女の行動はおもしろいが、あのラストには疑問が残る。宮沢りえと池松壮亮のラブシーンは少しドキドキしたが、ドラマ全体としては平凡すぎてドキドキ感がなかった・・・。


評価:よくできました

監督:吉田大八
原作:角田光代「紙の月」
出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、小林聡美、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、平祐奈、伊勢志摩、佐々木勝彦、天光眞弓、中原ひとみ・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【紙の月】
http://kaminotsuki.jp/

評価・紹介No.:2014-210
スポンサーサイト
【2014/11/22 03:25】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する