[PR] 株式情報
『デビルズ・ノット』
悪魔は、だれか。


全米を震撼させた、3人の自動の猟奇殺人事件。
犯罪史上稀にみる“未解決事件”の真相に、あなたは気付けるか。










全米を震撼させた未解決猟奇殺人事件を題材に、関係者の視点から事件の全貌に迫っていくサスペンス。


1993年、アメリカ、アーカンソー州ウエスト・メンフィスで児童の猟奇殺人が発生する。不審な人物がいたにもかかわらず、警察は16~18歳の若者3人を犯人と断定し逮捕する。事件に不自然さを覚えた私立探偵のロンは、独自に調査を開始する。被害者の母親のひとり、パムも裁判を通して浮上したさまざまな矛盾に動揺し、人知れず苦悩を深めていた・・・



1993年にアメリカのアーカンソー州ウエスト・メンフィスで実際に起こった児童3人が無残に殺された実際に起こった猟奇殺人事件「ウェスト・メンフィス3事件」。児童たちは手足を靴紐で縛られ、体には人間の所業とは思えない暴行の痕が残る姿で殺される。児童らと顔見知りだったアイスクリーム売りの青年や現場近くのレストランにいた血まみれの黒人男性等の不審な人物がいたにもかかわらず、逮捕された3人の少年。その逮捕理由がヘヴィ・メタル好き、悪魔崇拝ということだけ。事件の真相ではなく、地域の大衆がメディアの報道や普段からの偏見によって煽動されたモラル・パニック、少年たちを犯人に仕立てた冤罪事件ではないかという犯人擁護側の視点で作られている。事件の真実を追うというより冤罪事件ありきというのは公平性に欠ける気はするが、警察の捜査方法や裁判のやり方についてはやりきれない。未解決事件なだけにモヤモヤとしてしまう映画ではあるが、真犯人の逮捕や再犯が起こらないことを願うだけだ。


評価:よくできました

原題:Devil's Knot
監督:アトム・エゴヤン
原作:マーラ・レヴァリット
出演:コリン・ファース、リース・ウィザースプーン、デイン・デハーン、ミレイユ・イーノス、ブルース・グリーンウッド、ジェームズ・ウィリアム・ハムリック、セス・メリウェザー、クリストファー・ヒギンズ、イライアス・コティーズ、スティーヴン・モイヤー、アレッサンドロ・ニヴォラ、エイミー・ライアン、クリストファー・ポラーハ、マット・レッシャー、マイケル・グラディス、ロバート・ベイカー、コレット・ウォルフ、レックス・リン、マーティン・ヘンダーソン、テッド・ハッカビー、ケヴィン・デュランド・・・他
製作国:アメリカ
配給:キノフィルムズ

【デビルズ・ノット】
http://devilsknot.jp/

評価・紹介No.:2014-211
スポンサーサイト
【2014/11/23 03:09】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する