[PR] 株式情報
『天才スピヴェット』
泣き方だけが、
わからない。



10歳の天才科学者、都へ行く。弟の死で、家族の心にポッカリと空いた穴を埋めるため──










ライフ・ラーセンの冒険小説「「T・S・スピヴェット君 傑作集」の映画化。権威ある賞に輝いた10歳の天才少年が、授賞式出席のためにたった一人で家を飛び出し、モンタナからワシントンのアメリカ横断の大冒険を繰り広げる中で体験する冒険を描いたアドベンチャー・ドラマ。


モンタナの牧場で暮らす10歳のスピヴェットにスミソニアン博物館の次長ジブセンから、最も優れた発明家に授けられるベアード賞受賞を知らせが届く。一度は授賞式への招待とスピーチを辞退するスピヴェットだったが、どこにも居場所のない彼は、家族に内緒で家族に内緒でたった1人でモンタナからワシントンへ旅立つことに。数々の危険を乗り越え、様々な人々と出会い何とか間に合った受賞スピーチで、彼はある重大な真実を明かそうとする・・・



10歳の天才少年がアメリカ横断の大冒険を繰り広げ、旅先で出会った人々から勇気等をもらい、バラバラとなった家族の絆を取り戻すアドベンチャー・ロードムービー。主人公のスピヴェットは、弟の事故死に深い悲しみと自分を殺したという罪悪感、そしてどこにも居場所がないという喪失感を持っている。弟の事故死によりカウボーイの父親、昆虫博士の母親、アイドルを目指している姉と家族の心にポッカリと穴が空く。スミソニアンからのベアード賞受賞の知らせにより自分の居場所探しをするスピヴェット。旅先でのホームレスのおじさんやホットドッグ屋の女店主、ヒッチハイクでのトラック運転手と出会い、スピヴェットは大人への階段を歩む。鉄道警備や警察との逃走劇などはハラハラするが斬新なアイディアもあり愉快。前半の孤独・喪失感、中盤の冒険とは一転した後半の受賞スピーチやテレビインタビューでの展開は心がジーンとなる。父と母と絆が深まったシーンなどは涙がでた。この旅でスピヴェットは成長し、バラバラだった家族の絆も深まり、最後は温かい気持ちになれる。劇中も登場するが、飛び出す絵本のような映画だった。


評価:大変よくできました

原題:L'extravagant voyage du jeune et prodigieux T.S. Spivet
監督:ジャン=ピエール・ジュネ
原作:ライフ・ラーセン「T・S・スピヴェット君 傑作集」
出演:カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム=カーター、ジュディ・デイヴィス、カラム・キース・レニー、ニーアム・ウィルソン、ジェイコブ・デイヴィーズ、ドミニク・ピノン・・・他
製作国:フランス、カナダ
配給:ギャガ

【天才スピヴェット】
http://spivet.gaga.ne.jp/

評価・紹介No.:2014-213
スポンサーサイト
【2014/11/25 03:57】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する