[PR] 株式情報
『インターステラー』
必ず、帰ってくる。
それは宇宙を超えた父娘の約束――。



地球の寿命が
終わる。
人類の挑戦が
始まる。











寿命が尽きかけた地球により人類の滅亡が迫る近未来を舞台に、人類の未来のため別の銀河系で人類の新天地を探すミッションを遂行する男の姿を描いたSFドラマ。


食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進む近未来の地球。そこで人類は、人類が移住できる新たな惑星を探すミッションを計画し、農場を営む元宇宙飛行士のクーパーが抜擢される。地球に幼い娘や多感な年齢の息子を残して旅立ったクーパーは、星軌道上のワームホールを通りミッションの先駆者が待つ惑星へと辿り着くが・・・



世界的な飢饉や地球環境の変化によって人類の滅亡が迫る地球。そんな地球から人類を救うための新たな惑星を探すミッション。家族を残しミッション遂行のため旅立つ男。「2001年宇宙の旅」「宇宙戦艦ヤマト」的ストーリーに「ゼロ・グラビティ」のような宇宙空間を描き、ワームホールや相対性理論等のアインシュタイン的物理学な話を織り込んだ壮大なSFドラマだ。前半は宇宙物語でドキドキワクワクとさせ、後半は家族の絆・愛で感動させる演出はなかなか見事だ。ただ、五次元や時空超え等終盤がご都合主義的に作られ失速してしまっていうのは残念だ。難解かつ壮大すぎる宇宙と絆の物語は長い時間を感じさせない濃いモノに仕上がってはいるが、都合よく終えてしまったところに不満が残る。


評価:よくできました

原題:Interstellar
監督:クリストファー・ノーラン
出演:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、エレン・バースティン、マイケル・ケイン、マッケンジー・フォイ、ティモシー・シャラメ、ジョン・リスゴー、デヴィッド・オイェロウォ、コレット・ウォルフ、フランシス・エグゼビア・マッカーシー、アンドリュー・ボルバ、ウェス・ベントリー、ウィリアム・ディヴェイン、デヴィッド・ジャーシー、ケイシー・アフレック、リーア・ケアンズ、トファー・グレイス、マット・デイモン、ビル・アーウィン・・・他
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース

【インターステラー】
http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/

評価・紹介No.:2014-215
スポンサーサイト
【2014/11/28 03:36】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する