[PR] 株式情報
『西遊記~はじまりのはじまり~』
誰もが知っている「西遊記」
誰もが知らなかった「孫悟空」



とんdもねー!!
妖怪娯楽バトルエンターテインメントの決定版!










“西遊記”をモチーフに、三蔵法師ら一行が天竺を目指すまでの前日譚を描いたファンタジー・アドベンチャー・コメディ。


若き妖怪ハンター玄奘は、半魚半獣の妖怪に襲われた川辺の村で、村人たちと協力して陸に上げた魔物を“わらべ唄 三百首”で善の心を呼び起こそうとするが全然効果がなく逆に反撃されてしまう。そこへ女性の妖怪ハンターの段が現れ妖怪を退治する。山奥の料理屋にやって来た玄奘は、またしても豚の妖怪に苦戦しているところ、また段に助けられ、一度は生け捕りにするが逃げられてしまう。師匠から豚の妖怪を倒すには五指山のふもとに閉じ込められた孫悟空だけと教えられ、玄奘は五指山へ向かうのだった・・・



三蔵法師一行が西の果て天竺までお経を取りに旅をする物語“西遊記”。本作は、三蔵法師、孫悟空、猪八戒、沙悟浄が出会い天竺への旅に出るまでの前日譚を描いた“西遊記episode 0”だ。人々を救いたい一心で妖怪ハンターとして修行を積んでいるがうまくいかず悩んでいる玄奘が三蔵法師となるまでの物語は、アクションあり、お笑いありで、ちょっと切ない。VFXを屈指したアクションやコミカルな描写は、「少林サッカー」「カンフーハッスル」のチャウ・シンチー監督らしさ全開だ。足が巨大化する技を持つ足じいや、虚弱体質の空虚王子といったオリジナルキャラの妖怪ハンターの存在もおもしろい。メチャ強い美人妖怪ハンターの段の玄奘に対する一途なストーカーっぷりにはホロリとさせられてしまう。なんといってもクライマックスの孫悟空の戦いは、ドラゴンボールオマージュな巨大猿や無敵の暴れっぷりと悟空最強伝説を見事に描写していた。三蔵法師一行が旅立つテーマが日本の刑事ドラマ「Gメン'75」だったのには思わずズッコケてしまうが、最初から最後までクライマックスな内容にワクワク&笑ってしまう。「降魔篇」ということだが、天竺までの道のりを描いた続編に期待したい。


評価:大変よくできました

原題:西遊 降魔篇(英題:JOURNEY TO THE WEST: CONQUERING THE DEMONS)
監督:チャウ・シンチー
出演:ウェン・ジャン、スー・チー、ホアン・ボー、ショウ・ルオ、クリッシー・チョウ、シン・ユー、リー・ションチン、チウ・チーリン・・・他
製作国:中国
配給:日活、東宝東和

【西遊記~はじまりのはじまり~】
http://saiyu-movie.com/

評価・紹介No.:2014-216
スポンサーサイト
【2014/11/30 03:00】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する