[PR] 株式情報
『日々ロック』
宇宙でいちばんの曲を
君に届ける!!



史上最強のロックバカが超凶暴なトップアイドルを救う!?
爆笑・爆音・ちょっぴり涙の「ムチャぶり」エンターテインメント!!










榎屋克優の同名原作人気ロック漫画の実写映画化。究極のヘタレだがロックを愛する気持ちは誰にも負けない青年が、ロックスターを目指して突き進んでいく青春ロックムービー。


勉強もスポーツも出来ないいじめられっ子だった日々沼拓郎は、ロックを愛する心だけは人一倍強く友人とバンドを結成し、卒業後上京する。伝説のライブハウスで住み込みで働きながらライブに出演するがパッとしない。そんなある日、彼らのライブ中にトップアイドルの宇田川咲乱入する。トップアイドルとして活躍しながらも本当は自分のやりたい音楽が出来ずに苦しんでいる咲は、拓郎に自分の曲を書いてほしいと依頼するのだった・・・



金なし風呂なし女なしのヘタレなロックバカな青年と、デジタル系カリスマトップアイドルの女性がひょんなことから出会う。拓郎の自由さとロックバカな魂に惹かれた咲は、やりたいことをやれない現状の苦しみと自信の原点回帰で拓郎に曲を書いてくれとロックな依頼をする。内容は、彼女と出会いさえない日々から世界が変わっていく拓郎の成長物語。終始ヘタレな拓郎の姿にはイライラが募るが、頭のネジが飛んだときのロック魂はハートに響く。終盤、咲のために雷雨の中で歌うあたりは、状況もあいまって涙腺にまで届いてくる。しかし、全体的にゆるゆるでちょっとお下品なコメディーに冷めた目で見てしまう。また咲の入院も唐突過ぎる。主人公・拓郎演じる野村周平のロックバカっぷりと、アイドルから凶暴な酔っ払い女までを演じた二階堂ふみの芸達者ぶりがよかっただけに、演出の悪さが残念に思えた。


評価:がんばろう

監督:入江悠
原作:榎屋克優「日々ロック」
出演:野村周平、二階堂ふみ、前野朋哉、落合モトキ、岡本啓佑、古舘佑太郎、喜多陽子、毬谷友子、蛭子能収、竹中直人・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【日々ロック】
http://hibirock.jp/

評価・紹介No.:2014-219
スポンサーサイト
【2014/12/04 03:52】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する