[PR] 株式情報
『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』
ヤマト×ガトランティス×ガミラス
語られなかったもう一つの航海



2199年、真の結末──










宇宙戦艦ヤマトのリメイクとして2012年より劇場先行上映、テレビシリーズとして放送された「宇宙戦艦ヤマト2199」。イスカンダルから地球への帰路の途中に起こった出来事を描いた完全新作劇場版。


西暦2199年、苦難の航海を経て、目的地イスカンダルで「コスモリバースシステム」を受領したヤマトは、大マゼラン銀河を後にしようとしていた。だが突如、大マゼラン外縁部で“ガトランティス”を名乗る謎の艦隊と遭遇し、艦の引き渡しを要求してきた。戦闘を回避しワープで敵の追撃を振り切るが、ヤマトは異空間へと迷い込んでしまう。古代ら5人のクルーは、情報収集のため謎の惑星へが降下すると、そこにあるはずのない“艦(ふね)”を見つけるのだった。その艦内で、七色星団の戦いを生き延びたガミラスのフォムト・バーガー少佐と出会うのだった・・・



「宇宙戦艦ヤマト2199」の完全新作劇場版。イスカンダルからの帰路の途中に遭遇したガトランティス。波動砲が使えなくなったヤマトがどうこのピンチを切り抜くかなのだが、ワープ回避した先での不思議な出来事を中心とした内容となっている。謎の惑星で発見した艦で出会った古代たちとガミラス兵。ヤマト本編でもあったファンタジックなエピソードで地球人とガミラス人の奇妙な共同生活と友情が描かれる。友情劇やラストでのヤマトの帰りを待つ土方らの姿には薄っすらと涙が出てしまう。ファンタジックストーリーだが、ガトランティスとのバトルも素晴らしい。火焔直撃砲を装備したメガルーダの攻撃や波動砲がない捨て身のヤマトの攻撃は見応えがある。「さらば宇宙戦艦ヤマト」に登場したキャラクターが登場し次作への期待も高まるところだが、一旦ヤマトの任務は終了といったところだろう。オリジナルファンからは非難があるだろうが、ラストへつなぐ2199版ヤマトオリジナルストーリーとして素晴らしい内容だった。


評価:大変よくできました

総監督:出渕裕
原作:西崎義展
出演:小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、中村繪里子、菅生隆之、久川綾、國分和人、近木裕哉、藤田咲、東地宏樹、諏訪部順一、園崎未恵、立花慎之介、ふくまつ進紗、大友龍三郎、甲斐田裕子、田中正彦、石井康嗣・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【宇宙戦艦ヤマト2199】
http://yamato2199.net/

評価・紹介No.:2014-226
スポンサーサイト
【2014/12/16 03:20】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する