[PR] 株式情報
『ゴーン・ガール』
本当に大切なものはいつも
失って初めてわかる



失踪中の妻エイミーの捜索続く









ギリアン・フリンによる同名ベストセラー小説の映画化。結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男が、警察と過激化する報道から妻殺害の嫌疑かけられ自信の秘密と衝撃の顛末を描いたサスペンス・ミステリー。


アメリカ、ミズーリ州に住むニックとエミリーは誰もが羨むような結婚生活を送っていた。結婚5周年の記念日に、妻のエイミーが突然姿を消してしまう。リビングには争った後があり、大量の血液が拭き取られていることも判明し警察は他殺と失踪の両面から捜査を開始する。警察はアリバイが不自然なニックに疑いをかけ捜査を進めるが、メディアが事件を取り上げたことで、ニックは全米から疑いの目を向けられることとなる・・・



結構記念日に突然姿を消した美人妻。犯罪なのか、失踪なのかを捜査する警察。捜査をしていくなか発見されていく、結婚記念の宝探しメッセージ、大量に拭き取られた血液、妻の日記。捜査が進むにつれニックに掛けられる嫌疑と秘密。ニック目線で妻の行方を探す前半から妻目線の後半へ進み衝撃な展開へと進む。仮面夫婦な真実や結婚当初のNYから田舎町に引越した不満、結婚という不条理というのが浮き彫りになる。マスコミやDQNな人間たちにより作られる犯人や警察の決めつけ捜査による冤罪の怖さ、そしてサイコな妻の本性と観ていて恐ろしい。衝撃な展開に釘付けになり、そのラストは気持ちとしてはモヤモヤとしてしまう。妻エイミーが一番怖いのだが、人間という生き物が怖くなり人を信じられなくなるかも。こんなラストいいのかと思ってしまうかもしれないが、これが結婚なんだと思わせる内容だった。


評価:大変よくできました

原題:Gone Girl
監督:デビッド・フィンチャー
原作:ギリアン・フリン「ゴーン・ガール」
出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キム・ディケンズ、キャリー・クーン、パトリック・フュジット、デヴィッド・クレノン、リサ・ベインズ、ミッシー・パイル、エミリー・ラタコウスキー、ケイシー・ウィルソン、ボイド・ホルブルック、セーラ・ウォード、リー・ノリス、ジェイミー・マクシェーン、レナード・ケリー=ヤング、キャスリーン・ローズ・パーキンス、スクート・マクネイリー・・・他
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス

【ゴーン・ガール】
http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl/

評価・紹介No.:2014-227
スポンサーサイト
【2014/12/17 03:34】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する