[PR] 株式情報
『ベイマックス』
“優しさ”で世界を救えるか?


「あなたの心とカラダを守ります。」
彼の名はベイマックス。
人を傷つけることを禁じられた、
優しすぎる僕のロボット。













マーベルコミックのアメコミ「ビッグ・ヒーロー・シックス」を基に、架空都市“サンフランソウキョウ”を舞台に、最愛の兄タダシを失った14歳の天才少年ヒロが生前に兄が遺したケア・ロボット“ベイマックス”と一緒に兄の死の真相を暴こうとするアクション・アドベンチャー。


サンフランソウキョウに暮らす14歳の天才少年ヒロは、たった一人の肉親である兄のタダシを不慮の事故で亡くしてしまう。深い悲しみに沈むヒロだったが、そんなヒロの前に兄が開発したケアロボット“ベイマックス”が現れる。ベイマックスの支えで元気を取り戻したヒロは、兄の死に疑問を持ちその死の真相を突き止めるべく立ち上がるのだった・・・



アメコミ・マーベルコミックと融合したディズニーアニメ。14歳の天才少年が、兄が遺したケアロボット・ベイマックスと兄の大学の研究仲間たちと一緒に兄の死の真相を突き止める。白くプニプニなからだのベイマックスは見ているだけでホッとしてしまう。タダシとヒロの兄弟愛、ヒロとベイマックスの絆、研究仲間との友情には心が温かくなる。介護プログラムだけだったベイマックスが、ヒロの格闘技プログラムとパワードスーツで強化されるが、人を傷つけないあたりはディズニーらしく優しさがある。主人公や街等日本を意識して作られているだけに、空駆け、パンチが飛ぶベイマックスはロボットアニメを、大学の仲間とチームを組んで戦闘する光景は戦隊ヒーローをオマージュしているように思う。展開的には読めてしまうのだが、その王道なところが心地よい。クライマックスでの「ベイマックス、もう大丈夫だよ」の台詞は、思わず涙してしまった。ベイマックス本編の前座として「愛犬とごちそう」という短編アニメが上映されるが、これも心温まる内容だ。ワクワクとほっこりが詰め込まれた2本立ては、冬の寒さを吹き飛ばしてくれそうだ。


評価:大変よくできました

原題:Big Hero 6
監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
原作:スティーヴン・シーグル、ダンカン・ルーロー「ビッグ・ヒーロー・シックス」
出演:ライアン・ポッター、スコット・アツィット、マーヤ・ルドルフ、ダニエル・ヘニー、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン、デイモン・ウェイアンズ・Jr.、ジェネシス・ロドリゲス、ジェームズ・クロムウェル、アラン・テュディック、ポール・ブリッグス、シャーロット・グレイジアン、ケイティ・ロウズ、ダニエル・ガーソン、デイビット・ショーネシー、エイブラハム・ベンルービ、ビリー・ブッシュ、スタン・リー・・・他
(日本語吹替え:本城雄太郎、川島得愛、菅野美穂、小泉孝太郎、新田英人、浅野真澄、武田幸史、山根舞、金田明夫、森田順平、立木文彦、甲斐田裕子、植竹香菜、坂口候一、こねり翔、中田譲治、あべそういち、大木民夫・・・他)
製作国:アメリカ
配給:ディズニー

【ベイマックス】
http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/baymax

評価・紹介No.:2014-231
スポンサーサイト
【2014/12/25 03:49】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する