[PR] 株式情報
『バンクーバーの朝日』
明日も見えない異国の地で、
そのチームは希望になった。










戦前のカナダ・バンクーバーで過酷な環境にあえぎながらも野球を通して自らの誇りを取り戻そうと奮闘する日系カナダ移民の二世の奮闘を描いたドラマ。


1900年代初頭、多くの日本人が新天地での成功を夢見てカナダへと渡るが、容赦ない差別と低賃金による過酷な肉体労働に苦しんでいた。そんな中、日本人街に「バンクーバー朝日」という日系人野球チームが生まれる。体格で上回る白人チームに負け続け、万年最下位だったが、頭脳野球とフェアプレー精神でひたむきに戦い、次第に現地の人々にも認められていくのだった・・・



1914年~1941年まで、カナダ・バンクーバーに実在し2003年にはカナダ野球殿堂入りチームとなった日系カナダ移民人の野球チーム「バンクーバー朝日」。低賃金による過酷な肉体労働、移民が故の人種差別にも耐えながら地元のアマチュアリーグに参戦する。白人との体格差に負けてばかりの弱小チームだったが、ある偶然をきっかけに転機を迎える。バント、盗塁といった小技と機動力を屈指し、相手を分析した頭脳野球でチャンピオンとなる。差別や迫害に苦しむ日系人の希望や誇りとなり、現地人にも認められていく姿は勇気を与える。戦争、低賃金で勤勉な日系人、英語ができない日本人といった当時の時代の苦しさは今の時代からは想像できない。日本語教師や娼婦等の描写に必要性が感じられなかったのは残念だったが、バンクーバー朝日が起こした奇跡(軌跡)は深く心に刻まれた。


評価:大変よくできました

監督:石井裕也
出演:妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、田口トモロヲ、徳井優、大鷹明良、岩松了、大杉漣、鶴見辰吾、光石研、石田えり、佐藤浩市・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【バンクーバーの朝日】
http://www.vancouver-asahi.jp/

評価・紹介No.:2014-232
スポンサーサイト
【2014/12/27 03:03】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する