[PR] 株式情報
『海月姫』
我がオタク人生をかけて、
出陣であります!



笑いと涙と萌え!オタクすぎるシンデレラ誕生!










東村アキコ原作少女コミックの映画化。古びた男子禁制アパートに住むオタク女子が、女装男子と大事なものを守るため、自分たちの居場所を守るために奮闘する姿を描いたコメディ映画。


イラストレーターを目指して鹿児島から上京したクラゲオタクの月海は、オタク女子集団「尼~ず」が暮らす男子禁制のアパート「天水館」で楽しく暮らしていた。そんなある日、行きつけのペットショップで通りすがりのおしゃれ女子に助けられるが、実は女装が趣味の女装男子で政治家一家の次男・蔵之介だと知る。蔵之介は男性であることを秘密にし天水館に出入りし月海たちと交流を深める。そんな時、天水館が土地再開発による取り壊しの危機に陥り・・・



テレビアニメ化もされ好評を博した東村アキコの原作少女コミックを実写化で、クラゲオタクな主人公を中心に、鉄道オタク、三国志オタク、和物オタク、枯れ専といったオタクでニートな腐女子集団「尼~ず」の面々と超美人女装男子が、土地再開発と「尼~ず」の聖地にして最後の砦である古びたアパート「天水館」の取り壊しを阻止するために奮闘する姿を描いたコメディ・ドラマだ。主人公は月海なのだが、女装男子の蔵之介を中心となり月海ほか尼~ずの面々が蔵之介の力により成長していく。オタクワールドにはちょっと引いてしまうところもあるが、尼~ずのオタクっぷりやその他キャラクターの個性には笑ってしまい、クライマックスのクラゲ衣装のファッションショーにはウットリとしてしまう。しかし、月海より蔵之介が目立ちどっちが主人公だかわからなず、テンポも悪すぎる。また、童貞エリートな蔵之介の兄や天水館に住むBL作家の存在が中途半端で必要性があったのかも疑問だ。菅田将暉の女装や速水もこみち、片瀬那奈等が濃いキャラを演じていただけに残念な内容だった。


評価:がんばろう

監督:川村泰祐
原作:東村アキコ「海月姫」
出演:能年玲奈、菅田将暉、長谷川博己、池脇千鶴、太田莉菜、馬場園梓、篠原ともえ、片瀬那奈、速水もこみち、平泉成・・・他
製作国:日本
配給:アスミック・エース

【海月姫】
http://www.kuragehi.me/

評価・紹介No.:2015-003
スポンサーサイト
【2015/01/08 03:51】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する