[PR] 株式情報
『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』
シェアハウスの相手は…なんとヴァンパイア!?


世界中の映画ファンが爆笑&喝采!陽気で奇妙な共同生活エンターテイメント!!










ニュージーランドを舞台に、何百年も生き続けているヴァンパイアたちが現代の社会で共同生活をしながら愉快な暮らしを送る姿を描いたホラー・コメディ。


ニュージーランドのウェリントンの住宅地にある一軒家で、4人のヴァンパイアは共同生活を送っている。夜な夜な楽器演奏会や街に繰り出してはパブで遊び狂う日々を暮していた。そんなある夜、8000歳のピーターが大学生のニックに噛みつきヴァンパイアに変えてしまう。さらに新米ヴァンパイアのニックは人間の親友スチューをシェアハウスに招き入れたことから騒動が巻き起こる・・・



モンスターたちがシェアハウスしている某企業のCMが数年前に流れていたが、こちらはシェアハウスで共同生活をする個性豊かなヴァンパイアの日常生活を完全密着取材している模様を描いたフェイクドキュメンタリー。何百年以上も生きる4人のヴァンパイアが一軒の古い屋敷でシェアハウスでをしながら生活をするという設定はおもしろい。掃除や皿洗い等のルールを決め共同生活を送るのだが、空を飛びながら掃除をし、鶏のような恰好でケンカをし、演奏やダンス、馴染みのパブで遊ぶという愉快な日々を暮してる彼らの姿は恐ろしいドラキュラではなく人間なのだ。アクシデントから4人の中に1人ヴァンパイアが加わりそして人間を招き入れたことから生活が一変する。人間でも仲間の血は吸わないという律儀な姿や、人間の血を吸うときに辺りに血が飛ばないよう新聞紙を敷いたりするといった姿は笑える。また永遠の若さを保ちたいがためにヴァンパイアになりたく彼らの世話をする使い魔の女性の存在などもおもしろい。オバカでユル~いヴァンパイアたちとその仲間たちの生活はくだらないが楽しく自分も仲間になりたい気がした。


評価:大変よくできました

原題:What We Do in the Shadows
監督:タイカ・ワイティティ、ジェマイン・クレメント
出演:ジェマイン・クレメント、タイカ・ワイティティ、ジョナサン・ブラフ、コリ・ゴンザレス=マクエル、スチュー・ラザフォード、ジャッキー・ヴァン・ビーク・・・他
製作国:ニュージーランド
配給:松竹メディア事業部

【シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア】
http://www.shochiku.co.jp/swv/

評価・紹介No.:2015-017
スポンサーサイト
【2015/01/29 03:57】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する