[PR] 株式情報
『百円の恋』
呆れる程に、
痛かった。



時価百円の女・斎藤一子、32歳。
傷だらけの「恋」と「闘い」の物語。











実家に引きこもっていた三十路の女性が、ボクサーとの出会いをきっかけに衝動的始めたボクシングで人生をやり直そうとする姿を描いたドラマ。


32歳の一子は、実家でひきこもり自堕落な毎日を送っていた。そんなる日、離婚して実家に帰ってきた妹とケンカをし、家を出て一人暮らしを始めることになる。百円ショップの深夜労働にありついた一子は、帰り道にあるボクシングジムで練習するボクサーの狩野と出会い親密な関係となり、そしてボクシングジムへ通い始める。しかし、そんな関係も長くは続かず・・・



引きこもりニートな32歳の女が、ボクシングに出会い人生をやり直し再生していく姿を描いたドラマだ。ちょっとした妹とのケンカから一人暮らしをした主人公が、中年ボクサーとの出会いから何気に始めたボクシング。ダラダラとし上達もしないボクシングだったが、あることをきっかけに人生のリターンマッチのゴングが鳴り響き本気スイッチが入る。百円の価値しかない女の開き直った人生のリターンマッチは痛いが、その痛さが心に響く。一子の姿は、ヒキニートや気力をなくした者への応援歌だ。人生うまく変われるものではないが、立ち向かうことが大切だと教えてくれる。ストーリーもさることながら、主人公一子役の安藤サクラの女優魂の凄さは圧倒される。ブヨブヨの体は引き締まり、ステップやパンチは本物のボクサーそのものだ。一子と安藤サクラの姿にはホロリとさせられ感動した。


評価:大変よくできました

監督:武正晴
出演:安藤サクラ、新井浩文、稲川実代子、早織、宇野祥平、坂田聡、沖田裕樹、吉村界人、松浦慎一郎、伊藤洋三郎、重松収、根岸季衣・・・他
製作国:日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

【百円の恋】
http://100yen-koi.jp/

評価・紹介No.:2015-019
スポンサーサイト
【2015/02/03 03:29】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する