[PR] 株式情報
『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』
“ちょびヒゲ”が世界を救う!?


笑いと興奮が止まらない、痛快アクション・アドベンチャー!









キリル・ボンフィリオリ原作小説「チャーリー・モルデカイ」シリーズの映画化。インチキ美術商が英国諜報機関MI5の依頼を受け、殺人事件と共に消えた名画の謎を追うアドベンチャー・コメディ。


イギリス・オックスフォードで、ゴヤの幻の名画が何者かに盗まれ、英国諜報機関MI5は、インチキ美術商チャーリー・モルデカイに捜索して欲しいと要請する。最強の用心棒ジョックと共に名画の行方を追うが、その絵にはとんでもない財宝の秘密が隠されていることがわかり、アメリカの大富豪にロシアン・マフィア、国際テロリストに警察を巻き込み、数々の危機にさらされながら世界中を駆けめぐる争奪戦が勃発する・・・



ジョニー・デップの新しいキャラクター「チャーリー・モルデカイ」。うさんくさい“ちょびヒゲ”にうんちく好きで破産寸前の英国貴族なインチキアート・ディーラー(美術商)。そのチャーリー・モルデカイが、何者かに盗まれた絵画を捜索する。盗まれたゴヤの幻の名画がただ盗まれただけではなく、その絵画に財宝の秘密が隠されていたことがわかり、大富豪、マフィア、国際的テロ組織まで巻き込んでドタバタとしたアドベンチャー・コメディだ。ストーリー自体は大したことはないのだが、チャーリーのインチキキャラはジョニデらしくコミカル。それ以上に、チャーリーに振り回され時には怪我をしてしまう用心棒ジョックの従順な姿に笑い涙してしまう。ストーリーの薄さは気になってしまうが、チャーリーとジョックの迷コンビぶりが見どころだ。


評価:よくできました

原題:Mortdecai
監督:デビッド・コープ
原作:キリル・ボンフィリオリ「チャーリー・モルデカイ(1) 英国紳士の名画大作戦」
出演:ジョニー・デップ、グウィネス・パルトロー、ユアン・マクレガー、オリヴィア・マン、ジェフ・ゴールドブラム、ポール・ベタニー、ジョニー・パスヴォルスキー、マイケル・カルキン、ウルリク・トムセン・・・他
製作国:アメリカ
配給:KADOKAWA

【チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密】
http://mortdecai.jp/

評価・紹介No.:2015-026
スポンサーサイト
【2015/02/16 03:54】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する