[PR] 株式情報
『リトル・フォレスト 冬・春』
生きるために食べる。
食べるためにつくる。










五十嵐大介のコミックの実写映画化。東北のとある村の中の集落を舞台に、都会で生活することに挫折して故郷の山村に戻ってきた若い女性が、大自然の中で自給自足の生活を送りながら自分と向き合う姿を描いたフード・ムービー。


都会から生まれ故郷の小さな村・小森にに戻ってきたいち子は、自給自足の生活をして一人暮らしをしていた。そんなある日、5年前の雪の日に突然失踪した母から手紙が届く。いち子は今までやこれからの自分を思い、心が揺れ始める。親友のキッコとの小さな口げんかで落ち込み、小森のこれからを真剣に考えているユウ太から指摘され言葉を返せないいち子は、春いちばんで植えるジャガイモを、今年は植えるかどうか迷っていた・・・



原作者・五十嵐大介自信の実体験をもとに生まれた作品「リトル・フォレスト」。夏・秋・冬・春の4部作構成で、昨年の秋に公開された夏・秋編の後半となる冬・春編だ。ちゃんと向き合えずにいたため都会から小森へ戻り、小森でも逃げていると指摘されたヒロインいち子が成長していく物語を、雪、桜、田んぼといった風景や自然から作る美味しい料理とともに清々しく描いている。コニビニもない山村で大雪の中その寒さまでも調味料としてしまう生活の知恵、次の冬のために1年前から作る保存食、手間暇かけて大切に作る食材、その自然の恵みから作り生きる力を充電する映像は心に響く。3色ケーキ、ばっけ味噌、キャベツのかき揚げ等々、いち子が作り食べる素朴な料理は美味しそうでスクリーンに手を伸ばしてしまいそうになる。鑑賞後は、今、自分たちが住む都会の生活に対し問いかけ見つめ直し、便利な時代に物の大切さや有り難みを教えてくれる作品である。村の風景、働く人々、美味しそうな料理に癒された。


評価:大変よくできました

監督:森淳一
原作:五十嵐大介「リトル・フォレスト」
出演:橋本愛、三浦貴大、松岡茉優、温水洋一、桐島かれん・・・他
製作国:日本
配給:松竹メディア事業部

【リトル・フォレスト】
http://littleforest-movie.jp/

評価・紹介No.:2015-029
スポンサーサイト
【2015/02/19 03:25】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する