[PR] 株式情報
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』
赤い復讐の始まり 明かされる過去








1979年にテレビアニメとして放送された超人気アニメ「機動戦士ガンダム」。そのキャラクターデザインやアニメーションディレクターを務めた安彦良和によるコミカライズコミックのアニメ映画化。


宇宙世紀0068年のサイド3ムンゾ自治共和国。ジオン・ズム・ダイクンは、宇宙に進出した人の革新を説き、地球連邦政府からの完全独立を宣言しようとするが、議会檀上で演説中に突如倒れ命を落としてしまう。ダイクンの側近だったジンバ・ラルはザビ家の陰謀だと訴えるが、ザビ家の暗躍はとどまることなく実権を掌握しようとしていた。ダイクンの遺児キャスバルとアルテイシアも数奇な運命が待ち受けていたるのだった・・・



アニメ史に大きな影響を与えた「機動戦士ガンダム」。その1年戦争の前日譚となる独立戦争の開戦に至るまでと、"赤い彗星"と呼ばれるシャア・アズナブルことキャスバル・レム・ダイクンとその妹セイラ・マスことアルテイシア・ソム・ダイクンの数奇な運命を描いた内容で、「ガンダムエース」に連載されていた漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のアニメ化だ。冒頭からのシャアのザクの活躍や黒い三連星が乗る黒いザクは、度肝抜かれ興奮してしまう。若き日のザビ家の面々やランバ・ラル、ハモンの姿や、ダイクン家、ザビ家、ラル家の相関図はおもしろい。ザビ家に次男がいたことやキャスバルとアルテイシアが愛人の子だったのは驚きだ。全4部作で次作は秋公開が待ち遠しい。


評価:大変よくできました

総監督:安彦良和
監督:今西隆志
出演:田中真弓、潘めぐみ、浦山迅、銀河万丈、藤真秀、三宅健太、渡辺明乃、喜山茂雄、沢城みゆき、津田英三、恒松あゆみ、一城みゆ希、茶風林、近藤浩徳、北沢力、小形満、一条和矢、松田健一郎、土屋トシヒデ、川原慶久、大畑伸太郎、池田秀一・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル】
http://www.gundam-the-origin.net/index.html

評価・紹介No.:2015-038
スポンサーサイト
【2015/03/03 03:52】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する