[PR] 株式情報
『博士と彼女のセオリー』
生きる希望をつないだのは、無限の愛。


車椅子の天才物理学者ホーキング博士。その知られざる愛の物語。









余命宣告からも希望を持ち難病と闘い続けた天才物理学者スティーヴン・ホーキング博士と彼を長年支え続けた妻ジェーンの半生を描いたヒューマン・ドラマ。


イギリスのケンブリッジの大学院で理論物理学を研究するスティーヴン・ホーキングは、パーティでジェーンと出合い恋に落ちる。しかし、彼はALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命2年と宣告される。それでも彼と共に生きると決めたジェーンは、力を合わせて病気と闘う道を選択する。やがて子供が生まれ、歳月を重ねるごとに増す試練に強固な愛の力で立ち向かっていくが・・・



21歳のときに難病ALSと診断され余命2年を宣告された天才物理学者スティーヴン・ホーキング博士。そんな彼と結婚し、25年共に暮らした元妻ジェーン・ホーキングにより書かれた自伝を基に映画化されたヒューマン・ドラマだ。ホーキング博士の宇宙論ではなく、ホーキング博士を献身的に支えた妻の物語だ。車椅子生活、食事の世話といった夫の介護と子育てという戦場のような家庭環境で、負担が大きくなったジェーンに手助けをしてくれたジョナサン。世間から見れば怪しい関係なのだが、ホーキングも認める三角関係はなんとも不思議な関係だ。ホーキングが現在でも存命しているのは、ジェーンとジョナサンがいたからだろう。映画のキャッチコピーには「愛」という言葉が使われているが、感動のラブストーリーというよりは波乱万丈な物語と言ったほうがよいのではないだろうか。宇宙論ではないホーキング博士の私生活と彼の明るさを知ることができたのはよかった。


評価:よくできました

原題:The Theory of Everything
監督:ジェームズ・マーシュ
原作:ジェーン・ホーキング
出演:エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マクバーニー、デヴィッド・シューリス・・・他
製作国:イギリス
配給:東宝東和

【博士と彼女のセオリー】
http://hakase.link/

評価・紹介No.:2015-049
スポンサーサイト
【2015/03/17 03:19】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する