[PR] 株式情報
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
もういちど輝くために、
もういちそ愛されるために、
すべてを手放し、羽ばたこう。



かつてスーパーヒーロー映画でスターになった男が、ブロードウェイの舞台に立つ。彼に待ち受ける奇想天外なトラブルとは?








ヒーロー映画でスターになった落ち目の俳優が、ブロードウェイの舞台に上がろうと苦悩する様を描いたブラックコメディ。


かつてヒーロー映画「バードマン」で国民的人気を博した俳優リーガン・トムソンは、現在は失意の日々を送っていた。彼は復活をかけ自身の脚色・演出・主演でブロードウェイの舞台に立とうとしていた。しかし、降板した俳優の代役としてやって来たマイクの横暴に振り回され、アシスタントに付けた娘サムとの溝も深まるばかり。果たしてリーガンは、再び成功を手にし、家族との絆を取り戻すことができるのか・・・?



どん底に堕ちた元スーパーヒーロー映画の大スターだった役者が、もう一度輝くため、愛されるために再起を賭けて挑んだブロードウェイでの舞台。そんな再起を賭けた舞台も降板した俳優の代役俳優に振り回されトラブルに。おまけに自身が演じたバードマンが現れ水を差す始末。バードマンというヒーローの縛られ、そこから飛び立とうとする男の葛藤で、バードマンと決別するためにとった彼の行動に悲しさを感じる。舞台のようなワンカット的演出が、劇中の舞台とシンクロした感じでよい。ただ、アカデミー賞最多4部門受賞の話題作というのに釣られて鑑賞してしまうと肩透かしを食らってしまうかもしれない。舞台の成功は成功したのだが、彼自身満足な結果だったかどうかは見る者によって分かれてしまうだろう。・・・。


評価:大変よくできました

原題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー、エイミー・ライアン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ、リンゼイ・ダンカン・・・他
製作国:アメリカ
配給: 20世紀フォックス

【バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)】
http://www.foxmovies-jp.com/birdman/

評価・紹介No.:2015-064
スポンサーサイト
【2015/04/14 03:58】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する