[PR] 株式情報
『ソロモンの偽証 後篇・裁判』
真実の先にある、希望


【嘘】に隠された驚愕の真実。
すべてが暴かれたとき、その【真実】に涙する──。










宮部みゆきのベストセラー小説の映画化で、映画2部作の後編。中学生による転落死亡事件の真相を究明する校内裁判の行方とその真実を描く。


城東第三中学校で起こった男子生徒・柏木卓也の死の事件を究明するために行われる校内裁判。被告人・大出俊次の出廷拒否により開廷が危ぶまれたが、神原和彦は大出の出廷に向けて奔走する。一方、藤野涼子も三宅樹理に校内裁判へ証人として出廷するよう説得を続ける。そして、死亡当夜の柏木の足取りを追う中、柏木宅へ異なる場所の公衆電話から4回電話があったことを知る。大出が出廷を決意し、遂に校内裁判が開廷される・・・



宮部みゆきのベストセラー小説を2部構成にして映画化したミステリー・サスペンスの後編。死亡事件の真相と真実を中学生が前代未聞の校内裁判により究明する。柏木君は他殺なのか自殺なのか、告発状の主は誰なのか、死の当日の柏木君の行動等々、次々と真実が明らかにされいく。学校でのイジメ、大人や子供の嘘、家庭環境といった問題もが浮き彫りになる。そして他校の生徒でありながら校内裁判に参加した柏木君の友達だった神原君の存在と柏木君が言う「口先だけの偽善者」というのが裁判のキーとなる。裁判の結果や傷つくことを恐れず校内裁判を実施した中学生たちの勇気、自分の罪を正そうとした心、そして自分たちの未来のために成長していく中学生の姿に感動をした。また、事故で死んでしまった松子ちゃんやその両親の姿に涙がこぼれた。校内裁判の判決については賛否が分かれるところだが、死亡事故の結果ではなく自力で真実まで辿り着こうとしたそのドラマに引き込まれていった。最後に、主役の藤野涼子をはじめとした映画初出演だった中学生役の子供たちの演技に拍手を送りたい。


評価:大変よくできました

監督:成島出
原作:宮部みゆき「ソロモンの偽証」
出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、西村成忠、西畑澪花、若林時英、加藤幹夫、石川新太、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、田畑智子、池谷のぶえ、塚地武雅、田中壮太郎、市川実和子、江口のりこ、森口瑤子、安藤玉恵、木下ほうか、井上肇、高川裕也、中西美帆、宮川一朗太、嶋田久作、津川雅彦、余貴美子、松重豊、小日向文世、尾野真千子・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【ソロモンの偽証 後篇・裁判】
http://solomon-movie.jp/

評価・紹介No.:2015-065
スポンサーサイト
【2015/04/15 03:28】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する