[PR] 株式情報
『ドラゴンボールZ 復活の「F」』
超神激戦!!


更なる進化を
お見せしましょう…











漫画、テレビアニメ終了から20年が経とうとしている今でも、爆発的人気を誇る鳥山明原作の国民的人気コミック「ドラゴンボール」の劇場版。


破壊神ビルスとの戦いが終わり、再び地球には平和が訪れた。ところが、フリーザ軍の生き残りソルベとタゴマがフリーザを復活させるべくドラゴンボールを求めて地球に近づいてきた。神龍によって蘇ったフリーザは、悟空たちサイヤ人への復讐をするため新フリーザ軍を率いて地球へ押し寄せ、悟飯、ピッコロ、クリリンらは1000人の兵士と戦いを開始する。そして悟空とベジータは、進化を遂げたフリーザと宿命の対決に臨むが・・・



通算19作目となる劇場版は、原作者である鳥山明の脚本を手がけ、2013年に公開された「ドラゴンボールZ 神と神」の後日譚となるストーリー。宇宙史上最悪でドラゴンボールのキャラクターの中で人気の高い凶敵フリーザの復活と復讐、悟空との壮絶な戦いを描いている。ドラゴンボールによってこの世に戻り、フリーザ軍の最新型再生装置で復元され完全復活となったフリーザが、体をバラバラにした憎き悟空ともう一人のサイヤ人(トランクス)への復讐のため更なる進化をし、スーパーサイヤ人ゴッドより進化した悟空、ベジータとスーパーバトルを繰り広げる。悟空VSフリーザのスーパーバトルは、悟空の気持ちと同じでワクワクする。悟飯、ピッコロ、クリリンに加え、天津飯と亀仙人が新フリーザ軍と戦う姿を見れるのも懐かしく嬉しい。ただ、悟空の油断やフリーザとの戦いの結末等に納得感が生まれないのは残念だ。また、フリーザの進化までの過程がないのも物足りなさを感じてしまった。次作があるのかはわからないが、20作目となる作品は悟空VSベジータの再バトルをみてみたいものだ。


評価:よくできました

監督:山室直儀
原作:鳥山明「ドラゴンボール」
出演:野沢雅子、中尾隆聖、山寺宏一、森田成一、堀川りょう、古川登志夫、田中真弓、緑川光、佐藤正治、鶴ひろみ、皆口裕子、伊藤美紀、中川翔子、千葉繁、玄田哲章、山田栄子、斎藤志郎、中井和哉、花江夏樹、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、玉井詩織(ももいろクローバーZ)、佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)、有安杏果(ももいろクローバーZ)、高城れに(ももいろクローバーZ)・・・他
製作国:日本
配給:東映

【ドラゴンボールZ 復活の「F」】
http://www.d2015gw.com/

評価・紹介No.:2015-072
スポンサーサイト
【2015/04/25 03:39】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する