[PR] 株式情報
『寄生獣 完結編』
愛する人を、守れますか?










岩明均の人気漫画「寄生獣」の実写映画化で、映画2部作の完結編。


右手に寄生生物ミギーを宿す高校生・泉新一が暮らす東福山市は、市長・広川を中心に組織化されたパラサイト達が、一大ネットワークを作り上げていた。一方、人間側も、寄生生物殲滅を目的とした対パラサイト特殊部隊を結成して奇襲作戦の準備を進めていた。一方、人間の子を産み、人間との共存を模索する田宮良子は、新一とミギーがその鍵になると考えていたが、新一は母親を殺された事件がきっかけで寄生生物への憎悪を募らせていた。そんな彼らの前に、最強のパラサイト・後藤が現れるのだった・・・



人間に寄生して他の人間を食べつくす寄生生物を相手に、右手に寄生した生物と共存する少年の壮絶な戦いを描いたSFサスペンスの後編。パラサイトVS人間といった戦争映画というより、人間やパラサイトの存在、同種を食われることに嫌悪する人間のエゴ、異種生物の共存への道といった人生観や世界観を投げかけている。最強のパラサイト・後藤と新一&ミギーのバトルアクションや、新一とミギーの友情や絆というものも素晴らしいが、「この種を食い殺せ」という言葉の主、人間こそが寄生獣であるという演説など、人間そのものの存在について哲学的に考えさせられるところが心の奥に突き刺さった。生まれた子供を守りながら新一へその子の未来を託す田宮良子の姿や、後藤との最終決着の新一の台詞には涙がこぼれた。


評価:大変よくできました

監督:山崎貴
原作:岩明均「寄生獣」
出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、新井浩文、岩井秀人、山中崇、ピエール瀧、豊原功補、大森南朋、北村一輝、國村隼、浅野忠信・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【寄生獣 完結編】
http://kiseiju.com/

評価・紹介No.:2015-075
スポンサーサイト
【2015/04/29 03:12】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する