[PR] 株式情報
『王妃の館』
人生は小説よりも喜劇なり。

ようこそ、パリの喜劇ホテルへ。









直木賞作家・浅田次郎の原作小説の映画化。


日本語で“王妃の館”を意味する、パリの一流ホテル「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」に宿泊できる超豪華ツアーに日本から2組男女11名のツアー客たちが到着した。それは、倒産寸前の旅行会社が起死回生策として企画したスイートルームを昼夜でダブルブッキングするというツアーだった。作小説執筆の為に参加した売れっ子作家・北白川右京は、持ち前のマイペースぶりでほかの参加者たちを自分の世界に引き込んでいくのだった・・・



会社倒産させないため企画した高級ホテルのスイートをブッキングした昼夜逆転した表と裏の詐欺ツアー。2組のドタバタツアーと表ツアーに参加した有名作家の執筆する小説を描いたコメディーだ。ありえないホテルのスイートルームをブッキングしたツアーをはじめ、ツッコミどころは満載。ツッコミどころはコメディーとして大目に見るとして、ワケアリなツアー客が右京が執筆する小説描写に消され、個々のキャラが死んでしまっているのは何のために登場させたのかまったくわからない。また、右京が執筆するルイ14歳を題材にした小説「王妃の館」がドラマ仕立てで映し出されるが、フランス感は0で子供ミュージカルのようだ。見どころは、「相棒」の右京とは違うド派手な右京とパリの街並みだ。ルーヴル美術館を貸し切っての撮影は素晴らしかった。


評価:がんばろう

監督:橋本一
原作:浅田次郎「王妃の館」
出演:水谷豊、田中麗奈、吹石一恵、尾上寛之、青木崇高、中村倫也、安達祐実、山中崇史、野口かおる、山田瑛瑠、緒形直人、石橋蓮司、安田成美、石丸幹二・・・他
製作国:日本
配給:東映

【王妃の館】
http://www.ouhi-movie.jp/

評価・紹介No.:2015-077
スポンサーサイト
【2015/05/01 03:13】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する