[PR] 株式情報
『ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』
この奇跡は、あなたにも起こる――









名古屋市の学習塾の塾長である坪田信貴氏の著書「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の実写映画化。


名古屋の中高大一貫私立学校に通う高校2年生の工藤さやかは、全く勉強をしなかったので、ついに成績は学年ビリに。大学への内部進学すら危ういと心配した母により学習塾へ通うことに。金髪、ヘソだし、超ミニスカのギャルメイクのさやかは、塾講師の坪田と出会う。小学4年生の学力しかなかったさやかだったが、坪田の提案とノリで慶應大学合格を目指し、本気で勉強に取り組むのだった・・・



小学4年生の学力でウルトラ級に世間を知らない女子高生が、偏差値70の超難関の慶應義塾大学現役合格を目指し奮闘した実話をベースにした青春ドラマ。学校ではクズ呼ばわりされた彼女が、母の勧めで通いはじめた塾の講師との出会いにより学力を上げ慶應合格するサクセスストーリーなのだが、さやかのノーテンキ具合に笑わせながら、彼女の超ポジティブさと塾講師の巧みな指導方法、そして「意志があるところに道は開ける」という言葉によりモチベーションを上げて実践する姿に感動してしまう。主人公さやかの素直さとポジティブさには脱帽で、塾講師のアニメ、アイドル、ゲーム等を勉強し生徒個々に対応していく姿にも関心をする。また、母親や友達の応援も涙ものだ。しかし、母親の過保護に思えるところや、さやかの授業中の居眠りの件等は少し共感できないところもある。ただ、落ちこぼれでも必死に頑張れば道が開けていくという描写には勇気とやる気を与えてくれる。また、さやかの家族の再生物語も心が温かくなった。


評価:大変よくできました

監督:土井裕泰
原作:坪田信貴「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」
出演:有村架純、伊藤淳史、野村周平、大内田悠平、奥田こころ、あがた森魚、安田顕、松井愛莉、蔵下穂波、阿部菜渚美、山田望叶、矢島健一、中村靖日、峯村リエ、吉田羊、田中哲司・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【映画 ビリギャル】
http://birigal-movie.jp/

評価・紹介No.:2015-079
スポンサーサイト
【2015/05/08 03:22】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する