[PR] 株式情報
『あの日の声を探して』
泣きながら、生きる。


1999年、チェチェン。両親を殺され、声を失った9歳の少年ハジ。
ひとり放浪する彼は、EU職員のキャロルに拾われるが──?











チェチェン紛争を舞台に、戦争を生き抜く人々の現実を描いたヒューマンドラマ。


1999年のチェチェン。ロシア軍の侵攻により目の前で両親を殺された9歳の少年ハジは、姉も殺されたと思い、赤ん坊の弟を見知らぬ人の家の前に捨て、ロシア軍から逃げ一人放浪し街へと辿り着く。そこで、フランスから調査に来たEU職員のキャロルと出会い、保護される。現状を何も変えられない自分の無力さに絶望するキャロルは、目の前の小さな命を守りたいと願い奔走するのだった・・・



ナチによって母と生き別れになった少年がアメリカ兵に拾われ助けるというフレッド・ジンネマン監督の「山河遥かなり」をモチーフに、ロシア軍がチェチェンへ侵攻した第二次チェチェン紛争に舞台を置き換えて描いたヒューマンドラマだ。ロシア軍によって両親を殺され言葉を失った少年ハジ、国連でチェチェンの惨状を訴えるも自分の無力さに絶望するEU職員のキャロル、ロシア軍に強制入隊させられ戦場の闇へ飲まれていく青年、そしてハジを探す姉の4人の姿を描いている。心を閉ざしたハジがキャロルと生活をし心開いていくエピソードは心温かいが、戦争という絶望的で残酷な描写は重く胸が詰まる思いだ。特に、ロシア軍に強制入隊させられ、理性が失われ殺人兵器へと変貌していくロシア人青年の描写は、生々しく人間という生き物の本質を見たように思う。冒頭とエンディング、ハジとロシア軍青年の繋がり方には言葉を失った。希望の光より、戦争という闇を強調している映画だった。


評価:大変よくできました

原題:The Search
監督:ミシェル・アザナビシウス
出演:ベレニス・ベジョ、アネット・ベニング、マクシム・エメリヤノフ、アブドゥル・カリム・マムツィエフ、ズフラ・ドゥイシュヴィリ、レラ・バガカシュヴィリ、ユーリー・ツリーロ・・・他
製作国:フランス、グルジア
配給:ギャガ

【あの日の声を探して】
http://ano-koe.gaga.ne.jp/

評価・紹介No.:2015-083
スポンサーサイト
【2015/05/14 03:24】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する