[PR] 株式情報
『ラン・オールナイト』
N.Y.中に、狙われた男。


マフィアのボスの息子を
殺してしまった男
買収された警察、暗殺者、
一般市民、そして隣人までも
見渡す限り、全員敵
タイムリミットは夜明け
逃げ切れるか──










息子を守るため親友でもあるマフィアのボスの息子を殺してしまい組織から命を狙われることになった男の逃走劇を描いたクライム・アクション。


ニューヨーク、ブルックリンのマフィア、ショーンのもとで殺し屋として働くジミーは、殺人現場を目撃し命を狙われた息子を助けるために息子を殺そうとした男を殺害してしまう。しかし、殺した相手は、親友でもあるマフィアのボスの息子だった。それを知り復讐のに燃えるショーンから命を狙われることになったジミーと彼の息子は、決死の逃亡を繰り広げるのだった・・・



息子を殺そうとした男は、ボスであり親友の息子だった・・・事故とも思える状況だが、息子を殺され復讐に燃えるボス。そのボスの刺客から逃げる2人。しかし、マフィアの組織、買収された警察、雇われた殺し屋、そして一般市民とニューヨーク中が敵だ。酒に溺れるダメ親父が、息子の命を守るため奔走する。親父と違いまともな人生を送る息子はダメ親父と確執があるが、最終的には親子の愛と絆で結ばれているのは心にグッとくる。また、一線を越えた父親同士の戦いとなったジミーとショーンの友情には切なさを感じてしまう。ストーリーとしては単純明快だが、“戦うお父さん”というのが代名詞になってしまったリーアム・ニーソンのアクションは、62歳という年齢を感じさせないくらいアグレッシブで素晴らしかった。


評価:よくできました

原題:Run All Night
監督:ジャウム・コレット=セラ
出演:リーアム・ニーソン、ジョエル・キナマン、ヴィンセント・ドノフリオ、ニック・ノルティ、ブルース・マッギル、ジェネシス・ロドリゲス、ボイド・ホルブルック、コモン、エド・ハリス・・・他
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース

【ラン・オールナイト】
http://wwws.warnerbros.co.jp/runallnight/

評価・紹介No.:2015-089
スポンサーサイト
【2015/05/21 03:21】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する