[PR] 株式情報
『シグナル』
僕は何かの力を
手に入れてしまった。









何かに感染したという理由で監禁された若者たちの恐怖を描いたSFスリラー。


MIT(マサチューセッツ工科大学)に通うニックは、大学のコンピューターをハッキングしてきた“ノーマッド”という謎のハッカーの正体を追いネバダへ向かう。GPSで居場所を突き止めた廃墟で何者かに襲撃される。ニックが意識を取り戻すと、「何か」に接触したことで感染が疑われ、政府の隔離施設に隔離されていると施設研究員の男・デイモンに告げられるのだった。しかし不審に思ったニックは、施設からの脱出を試みるのだった・・・



なにかの実験による隔離だというのはわかるのだが、行われていた人体実験がまさかこのオチなのかという前半と後半で良い意味で裏切られてしまうSFスリラーだ。後半からのオチをネタバレしてしまうと面白くなるので書くことはさけるが、終始漂う胡散臭さとその恐怖と不安に釘付けになってしまう。観終わって謎な部分も残ってしまうが、ウィリアム・ユーバンク監督にしてやられたりという感じで良い意味で悔しさと嬉しさを覚えた。好みが分かれてしまう内容だが、SF好きなら満足するに違いない。


評価:大変よくできました

原題:The Signal
監督:ウィリアム・ユーバンク
出演:ブレントン・スウェイツ、オリヴィア・クック、ボー・ナップ、リン・シェイ、ロバート・ロングストリート、ローレンス・フィッシュバーン・・・他
製作国:アメリカ
配給:ファントム・フィルム

【シグナル】
http://signal-movie.jp/

評価・紹介No.:2015-091
スポンサーサイト
【2015/05/26 03:19】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する