[PR] 株式情報
『チャッピー』
…ボクを…なぜ怖がるの?…











ひょんなことから自分を誘拐したストリートギャングたちに育てられたAI(人工知能)を搭載したロボットの“チャッピー”が、彼らとの奇妙な絆と壮絶な戦いに巻き込まれていく様を描いた近未来SFアクション。


2016年、南アフリカの犯罪多発都市・ヨハネスブルグ。警察用ロボットを開発するテトラバール社に勤めるエンジニアのディオンは、自ら考え、感じ、成長する”AI(人工知能)を開発する。スクラップ処分にするはずの一体のロボットを自宅へ持ち帰る途中、ディオンはストリートギャングに誘拐されてしまい、壊れたロボットに新しいソフトウエアをインストールするのだった。チャッピーと名付けられたロボットは、ストリートギャングたちによって生きるための術が叩き込まれていくのだった・・・



AIを搭載されたロボットと人間の奇妙な絆を描いたチャッピー。このチャッピー、発明者の元で成長するのではなく、ストリートギャングの中で成長していくのがおもしろい。首にはキラキラのネックレスをし、ギャングの歩き方や話し方を覚え、ハイタッチまでするチャッピーはラッパーみたいだ。生きていたいと思い、騙されたことに怒り、叱られてしょげる姿はかわいらしい。チャッピーの成長物語のほか、ロボット開発に関わる開発者の嫉妬なども盛り込まれているのは、今でも残る南アフリカの人種差別を比喩しているのではないだろうか。ラストは飛躍しすぎてしまってはいるが衝撃的だ。表現豊かなAIロボットのチャッピーは、ヨハネスブルグではなくアメリカや日本で生まれていたら、人間らしくないロボットになっていただろう。微笑ましくもあるが、本質は悲しいストーリーにいろいろ考えさせられた。


評価:大変よくできました

原題:Chappie
監督:ニール・ブロムカンプ
出演:シャールト・コプリー、デヴ・パテル、ヒュー・ジャックマン、ニンジャ、ヨ=ランディ・ヴィッサー、ホセ・パブロ・カンティージョ、シガーニー・ウィーヴァー・・・他
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

【チャッピー】
http://www.chappie-movie.jp/

評価・紹介No.:2015-095
スポンサーサイト
【2015/05/30 03:02】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する