[PR] 株式情報
『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』
観ないやつは
死刑なのだ!!



これでいいのだ。









赤塚不二夫生誕80周年記念として企画された名作ギャグ漫画「天才バカボン」の長編映画化。


長男のバカボンと、自由人のパパに優しいママ、そして弟のハジメちゃんの4人家族のバカボン一家は、毎日楽しく暮らしていた。そんな一家の元に、悪の秘密結社・インテリペリがバカボンのパパの本名を知るため、あらゆる方法でパパに近づいてきた。インテリペリはパパの息子のバカボンから聞き出そうと目論み、地獄から召喚した「フランダースの犬」の主人公、ネロとパトラッシュをバカボンのもとへと送り込むのだった・・・



Flashアニメ「秘密結社 鷹の爪」でお馴染のFROGMANが、赤塚不二夫の「天才バカボン」とアニメで日本中に感動を呼んだ名作童話「フランダースの犬」のコラボアニメだ。天才バカボンとフランダースの犬というまさかのコラボで、ネロとパトラッシュが天国へ召されずに人への恨みから地獄へ落ち、ギャグに使ってしまうというのはすごい発想だ。天才バカボンのシュールなギャグを残しイメージを壊さず、鷹の爪的な世界征服や悪党などの騒動で笑わせる。しかし、西から日を昇らせようとしているバカボンのパパの思いには、少しウルッとさせられてしまう。基本ギャグアニメなのだが、イジメや差別といったネタを盛り込み社会風刺をきかさている。バカボンのパパの本名を必死に探っているのだが、ママの本名はというツッコミは「これでいいのだ。」とごまかしておこう(笑)ラストに登場したあの名作や某家庭教師のCMに出ているあの名作とのコラボもやってほしいものだ・・・


評価:よくできました

監督:FROGMAN
原作:赤塚不二夫「天才バカボン」
出演:FROGMAN、瀧本美織、濱田岳、犬山イヌコ、岩田光央、上野アサ、澪乃せいら、秋本帆華(チームしゃちほこ)、上島竜兵(ダチョウ倶楽部)、村井國夫、桃(FROGMANの犬)、金田朋子・・・他
製作国:日本
配給:東映

【天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~】
http://bakavon.com/

評価・紹介No.:2015-096
スポンサーサイト
【2015/05/31 03:38】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する