[PR] 株式情報
『リピーテッド』
眠ると消えてしまう記憶
“機能の私”からのビデオメッセージ
――その犯人を知るのは私だけ



その真実を知った時、あなたの記憶は崩壊する









S・J・ワトソンのベストセラー小説「わたしが眠りにつく前に」の映画化。

事故の後遺症により毎朝目覚める度に、前日までの記憶が失われてしまう特殊な記憶障害を負っているクリスティーンは、夫のベンに献身的に支えられ暮らしていた。そんなある日、医師を名乗る男から電話があり、クリスティーンはベンに内緒で毎日の出来事を映像日記として残すという治療を受けていることを知る。しかし、その映像にはベンが語る内容とは異なることが記録されているのだった・・・



寝て起きると消えてしまう記憶。事故の後遺症だと聞かせられていたが実は・・・だったというミステリー・サスペンスだ。自分の記憶の手掛かりとなる物は、夫に隠れて撮っていた“昨日の自分からのメッセージ”だ。夫が話す事と記録した自分のメッセージとの相違から不安になるクリスティーン。夫が嘘をついているのか、それとも医師が嘘をついているのか、それともエイリアン系なのかといろいろ想像をしてしまうストーリーはミステリアスで、真実に辿り着くまでの静けさが非常に不気味に感じてしまう。ただ、メッセージ映像を見たことによりフラッシュバックする映像で、大方の予想がついてしまうのは残念だった。


評価:よくできました

原題:Before I Go to Sleep
監督:ローワン・ジョフィ
原作:S・J・ワトソン「わたしが眠りにつく前に」
出演:ニコール・キッドマン、コリン・ファース、マーク・ストロング、アンヌ=マリー・ダフ・・・他
製作国:アメリカ、イギリス、フランス、スウェーデン
配給:クロックワークス

【リピーテッド】
http://repeated-movie.com/

評価・紹介No.:2015-098
スポンサーサイト
【2015/06/02 03:43】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する