[PR] 株式情報
『夫婦フーフー日記』
死んだはずのヨメが、
笑って生きろ!と言っている。



実話から生まれた、まさかの!泣けるコメディ








書籍化もされた川崎フーフによる闘病ブログ「がんフーフー日記」の実写映画化。死んだはずのヨメが、ダンナの前に現れ、二人で共に歩んできた愛の軌跡を振り返るヒューマン・コメディ。


出会って17年目にしてようやく結婚したダンナのコウタとヨメのユーコは、結婚直後に妊娠が判明し幸せの絶頂だった。しかし、ヨメに悪性腫瘍が見つかり、病状をブログで報告し始めるが入籍から493日後に亡くなってしまう。悲しみに暮れる中、そこへ闘病ブログ出版の話が舞い込み、原稿に向き合うことで現実逃避をするダンナ。そんな彼の前に、死んだはずのヨメが現れるのだった・・・



出産直前に癌が発覚しその闘病を綴った実在の闘病ブログ。フリーライターの清水浩司さんが、川崎フーフという名で始め、その後書籍化、テレビドラマ化もされた「がんフーフー日記」の実写映画だ。映画は原作をベースに、死んだはずのヨメがダンナの前に現れ、闘病ブログの執筆に向かうダンナと闘病生活を回顧していくというものだ。癌、闘病というとお涙頂戴ストーリーのように思えるが、コメディ路線で楽しく笑えるストーリーだ。現れたヨメは幽霊なのかダンナの妄想なのかはわからないが、当時の笑えるエピソードや書けなかった想いをダンナとヨメが漫才のような掛け合いをし、湿っぽくなく爽やかに描かれている。笑いの中に、ちょっぴり感動してしまうエピソードが盛り込まれており、二人の愛の絆を感じられる。ただ、あまりに淡々と描かれているので、少しだるさを感じてしまうのは残念だ。ヨメはこの世にいないが、夫婦の日記は続いていくというのには感動した。


評価:よくできました

監督:前田弘二
原作:川崎フーフ「がんフーフー日記」
出演:佐々木蔵之介、永作博美、佐藤仁美、高橋周平、並樹史朗、梅沢昌代、大石吾朗、吉本選江、宇野祥平、小市慢太郎、杉本哲太・・・他
製作国:日本
配給:ショウゲート

【夫婦フーフー日記】
http://fu-fu-nikki.com/

評価・紹介No.:2015-100
スポンサーサイト
【2015/06/04 03:10】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する