[PR] 株式情報
『誘拐の掟』
誘拐犯に告ぐ。殺したら、殺す。


史上最悪の連続誘拐殺人事件。
いま、ひとりの少女の命を懸け、
残虐で狡猾な誘拐犯との絶体絶命の交渉が始まる――。









引退し落ちぶれた元刑事が、残忍な犯行を重ねる猟奇殺人犯と激闘を繰り広げるハードボイルド・サスペンス。


元刑事だった無免許の私立探偵マットのところに、妻を誘拐された夫から犯人を見つけ出してほしいという依頼が舞い込む。しかし犯人は、身代金を奪い人質を惨たらしい手口で惨殺する猟奇殺人鬼だった。そんな中、14歳になる少女の誘拐事件が発生する。同一犯の仕業と確信するマットは、交渉不可能と思われる犯人と対峙する・・・



アメリカ探偵作家クラブ(MWA)のグランドマスター賞やアメリカ私立探偵作家クラブ(PWA)の生涯功労賞を受賞したローレンス・ブロックの代表作「マット・スカダー」シリーズの一編「獣たちの墓」の映画化だ。ある事件をきっかけに警察を引退し、無免許で私立探偵を営む落ちぶれた男が、連続誘拐事件に巻き込まれ、類まれなる交渉術で猟奇的誘拐犯に対峙するといったストーリーだ。戦うお父さんことリーアム・ニーソンの主演だが、「96時間」シリーズや「ラン・オールナイト」のようなアクションより、刑事人生で身に付けた全てのスキルを屈指し犯人を追いつめるといったサスペンス・ミステリーだ。過去の事件によるトラウマやアルコール中毒に苦しむ主人公、惨殺体と内容は重苦しい。ただ、サスペンスと重圧感はあるのだが、謎解きもアクションもないためやや眠たさを感じてしまっう。もう少しリーアム・ニーソンのアクションが見れたらよかったのだが・・・


評価:よくできました

原題:A Walk Among the Tombstones
監督:スコット・フランク
原作:ローレンス・ブロック「獣たちの墓」
出演:リーアム・ニーソン、ダン・スティーヴンス、デヴィッド・ハーバー、アストロ、ダニエル・ローズ・ラッセル、マーク・コンスエロス、ボイド・ホルブルック、アダム・デヴィッド・トンプソン、ラザーヌ・ジャマル、オラフル・ダッリ・オラフソン、セバスチャン・ロッシェ・・・他
製作国:アメリカ
配給:ポニーキャニオン

【誘拐の掟】
http://yukai-movie.com/

評価・紹介No.:2015-103
スポンサーサイト
【2015/06/07 03:53】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する