[PR] 株式情報
『ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男~』
いまこそ
感じて欲しい、
魂(ソウル)の叫び――。



音楽の歴史を変えた男の栄光と挫折、そして知られざる友情を描いた真実の物語。








JBこと伝説のソウル・シンガー、ジェームス・ブラウンの波瀾万丈な半生を描いた音楽伝記ドラマ。


アメリカ南部の貧しい家に生まれたジェームス・ブラウンは、両親に捨てられ叔母ハニーに育てられる。教会で聞く音楽だけが希望だったJBは、10代で窃盗により刑務所へ入れられてしまう。しかし、慰問に来たゴスペルグループのボーカル、ボビー・バードと出会ったJBは、出所後は音楽の世界へ進出しその才能を開花させる。その一方で、JBのクレイジーな言動や派手な女性関係により、仲間との確執を生み、そして常に彼を支え続けてきた親友ボビーも去ってしまうのだった・・・



“ファンクの帝王”と呼ばれたソウル・シンガー、ジェームス・ブラウン。貧しい家に生まれ、両親に捨てられ、犯罪で刑務所に入ったJB。そんな彼の人生を変えたのは、後に盟友となったボビー・バードとの出会いだ。音楽の歴史を変えたJBの、栄光と挫折、そして友情を描いたドラマだ。シャウト、ダンス等の独特なパフォーマンスや人々を熱狂的にさせるJBのカリスマ性を見事に描いている。また、熱い魂(ソウル)とは裏腹に、自己中心的でクレージーなJBの闇の一面もきっちりと描いている。貧しさと時代がJBの天才とクレージーさの両面を際立たせたのだろう。「42 ~世界を変えた男~」ではジャッキー・ロビンソンを演じたチャドウィック・ボーズマンが、本作ではJBを演じている。話し方、シャウト、パフォーマンスとJBが乗り移ったかのような演技で、心が揺さぶられた。JBのファンには涙モノで、彼のソウルが突き刺さる作品である。


評価:よくできました

原題:Get on Up
監督:テイト・テイラー
原案:スティーブン・ベーグルマン、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース
出演:チャドウィック・ボーズマン、ネルサン・エリス、ダン・エイクロイド、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、クレイグ・ロビンソン、チカ・サンプター、ジル・スコット、レニー・ジェームズ、ブランドン・スミス、ニック・エヴァスマン・・・他
製作国:アメリカ、イギリス
配給: シンカ、パルコ

【ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男~】
http://jamesbrown-movie.jp/

評価・紹介No.:2015-104
スポンサーサイト
【2015/06/08 03:36】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する