[PR] 株式情報
『予告犯』
悪か?
正義か?









2011年から2013年にかけて「ジャンプ改」にて連載された筒井哲也の原作漫画の実写映画化。動画投稿サイトに、警察や法律では罰を与えられない人間たちの罪を暴露し制裁予告を投稿する謎の男たちとエリート女性刑事の攻防を描いたクライム・サスペンス。


ある日、Tシャツ姿に新聞紙の頭巾を被った“シンブンシ”と名乗る男がインターネットの動画投稿サイトに現れ、集団食中毒を起こしながらも誠意を見せない食品加工会社への放火を予告する。警視庁サイバー犯罪対策課の吉野絵里香は捜査を始めるが、予告通りに食品加工会社の工場が放火される事件が発生する。その後も、シンブンシによる予告動画の投稿と犯行が繰り返される。予告犯を追い詰めるべく懸命の捜査を続ける吉野は、犯人がが単独犯ではなく、複数犯であることを突き止めるのだった・・・



食品の食中毒事件、SNSでのバカッター投稿や炎上騒ぎといった昨今ニュース等で賑わす事件を基に、サイバー犯罪と犯人を逮捕するため奔走する女性刑事の姿を描いたドラマだ。「じゃがりこ爪楊枝混入事件」や「ドローン事件」と動画配信を使っての事件やSNSでの炎上騒ぎといったインターネットを使っての事件の多発や模倣犯の出現と、内容は非常にリアルだ。“シンブンシ”の犯行の裏には、ブラック企業での闇や貧困・格差といった現在の社会問題が描かれており、いろいろと考えさせられる。人生の負け組なシンブンシたちの絆や心の温かさには切なさと悲しさが込み上げてくる。社会派ドラマとしてのストーリーだが、エンタメ系映画に仕上がってしまったのは少し残念だったが、サイバー犯罪やネット利用等を改めて考え直したいと思える映画である。


評価:よくできました

監督:中村義洋
原作:筒井哲也「予告犯」
出演:生田斗真、戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々、宅間孝行、坂口健太郎、窪田正孝、小松菜奈、福山康平、仲野茂、田中圭、滝藤賢一、本田博太郎、小日向文世・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【予告犯】
http://yokoku-han.jp/

評価・紹介No.:2015-108
スポンサーサイト
【2015/06/18 03:31】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する